ビットコインで授業料支払い可へ。トランプ、イーロン・マスク氏出身校

アメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアにある、ペンシルベニア大学ウォートン校は、ブロックチェーン授業料支払いにおいて暗号資産(仮想通貨)を受け付けると発表しました。

ペンシルベニア大学ウォートン校(ウォートン・スクール)は、アメリカ北東部で政財界などををリードする卒業生を数多く輩出するアイビー・リーグ8校のペンシルベニア大学のビジネススクール。フィナンシャル・タイムズ紙による世界MBAランキングで2008年まで9年連続して1位を獲得するなど、世界的に評価が高いビジネススクールで、近年ではサンフランシスコ・キャンパスも開設しています。

第45代アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプや、電気自動車大手・テスラ社のイーロン・マスクCEO、Googleのサンダー・ピチャイCEO、アルファベットのルース・ポラットCFO、など近年でも注目されるビジネスパーソンや政治家が同校出身者に名を連ねています。ちなみにトランプ元大統領の妻・イヴァンカ氏も同校出身。

ブロックチェーン授業料支払いで利用できるのはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETC)ならびにステーブルコインのUSDコイン。決済はコインベースコマースのサービスを利用するとのこと。

近年では主にビットコインでの支払いに対応する大学が増えているが、イーロン・マスク氏の出身校であるウォートン・スクールが対応するのはむしろ遅すぎる印象です。今後、同様の動きがさらに増えていく可能性があると思われます。

あわせて読みたい
世界三大投資家・ソロス氏のファンド、ビットコイン保有を認める 世界的な著名投資家のジョージ・ソロス氏のファンドが暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)を保有していることを認めました。同ファンドが暗号資産の保有を認める...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる