ビットコインが500万円突破!上昇気流に乗ったか

暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)が8月に入って好調です。5月中旬以降の暴落から復調し、8月9日にはついに500万円を突破しました。

アメリカでのインフラ投資法案に盛り込まれる暗号資産への課税方法についてはネガティブな気配が払拭されていないままですが、イーサリアムがおこなう”ロンドン”と呼ばれる大幅なアップグレードが無事に実行されたことなどから、暗号資産のイーサリアム(ETH)の価格が上昇、連れ高となりビットコインも上昇しています。

2021年に入った当初のビットコインは希望に満ち溢れていました。テスラ社のCEOであるイーロン・マスクによるビットコインへの傾倒などから、価格は上昇を続け、4月中旬には700万を突破していました。しかし、その後はネガティブな情報が続き一気に暴落、7月には330万円と3ヶ月ほどで半値以下になってしまい、ビットコインの凋落ぶりは目を背けたくなるほどでした。

あわせて読みたい
ビットコイン3万ドル割り込む。さらに暴落の気配か 一時は小康状態だったビットコインですが、7月後半に入るあたりからふたたび下落がはじまり、ついに3万ドルを割り込みました。 【ビットコイン暴落 さらに値下がりの兆...

ところが7月の中旬以降、イーロン・マスクや、米Twitterの創業者で電子決済大手・スクエアのジャック・ドーシーCEOによるポジティブな発言、Amazonのビットコイン決済に関する噂や、ビットコインに関連した企業の決算報告などの好材料から、じわりじわりと復調し、下がり続けていたビットコインが再び上昇気流に乗りはじめました。アメリカ企業の2Q決算発表や新規失業保険件数の結果などからNASDAQは史上最高値を更新したことも、BTCの上昇を後押ししたようです。

あわせて読みたい
テスラ、2Q決算でビットコイン継続保有が判明 イーロン・マスクが率いる米電気自動車大手のテスラ社が、2021年2Q決算でビットコインを売却していないことがわかりました。大暴落寸前だったビットコインにとってはポ...

さらにビットコインの上昇によって、関連企業の株も買われているようで、コインベースやマイクロストラテジーなどは軒並み上昇しています。

アメリカのインフラ投資法案の動きや、コインベースの決算報告など、今後さらなる上昇も見込める気配が高まっています。暗雲立ち込めていた状況からは脱したようです。対ドルで5万ドルを突破するのもそう遠くないかもしれません。

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる