ネイキッド、初NFTアートが10分で完売。第2弾も決定

ネイキッドは、同社初のNFTアート『桜彩 OUSAI』が販売開始10分で、全10作品が完売となったと発表しました。また、次回作となるNFTアート『NAKED BIG BOOK』の発売も決定、4月中旬より、オークション形式で出品されます。

ネイキッドは、1997年に村松亮太郎が設立。“Core Creative, Total Creation, and Borderless Creativity”を理念に、映画やテレビ、MV、広告、空間演出、地方創生、教育プログラムなどジャンルを超えて手がけてきたクリエイティブカンパニーです、東京駅プロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や花の体感型アート展「NAKED FLOWERS」で知られています。

同社初のNFTアート『桜彩 OUSAI』は、ネイキッドのIPである『NAKED FLOWERS』で人気の象徴的な桜のアート空間。オフラインでの展示作品であった同作をNFTアート化。10ピースに分け、購入者がそのピースを個別に所有し、全て集めると『桜彩 OUSAI』が完成する、NFTアートならではの形式として発表しました。

今後『NAKED FLOWERS』イベント内でもリアルなアートとして登場予定で、桜の木の周りに人々が集うように、皆で所有し、愛でる作品となっています。『桜彩 OUSAI』はNFTプラットフォーム「Adam byGMO」に出品され、全10作品が10分で完売となっています。

第2弾となる『NAKED BIG BOOK』は、3月に東京・有楽町で開業した体験型フラワーアート施設「NAKED FLOWERS FOR YOU」の展示作のひとつ。ネイキッドによると「NFT作品となったことにより、施設内の非日常空間でしか味わえなかった感動が、いつでもお楽しみいただけるようになりました」とのこと。

なお、第1弾作品『桜彩 OUSAI』に続き、本作品も平和の象徴である花をモチーフとしていることから、販売によって生まれた収益の一部を、ウクライナおよび周辺地域における文化・生活支援を行う支援機関に対して寄付するとのこと。

前回同様に「Adam byGMO」に出品され、オークション形式で5万円からの販売、オークション期間は1週間を予定しています。

あわせて読みたい
9歳少年のNFTアート「Zombie Zoo」がアニメ化!東映アニメーションがプロジェクト始動 9歳の日本人少年によるNFTアートコレクション「Zombie Zoo(ゾンビ・ズー)」を原案にした新しいアニメプロジェクトを東映アニメーションが発表しました。映像は2022年...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる