GMO、NFTマーケットプレイスβ版提供開始

GMOインターネットグループは、非代替性トークン・NFT(Non-fungible Token)の出品・購入ができるマーケットプレイス「Adam byGMO」のβ版の提供を開始したと発表しました。運営はGMOフィナンシャルホールディングスの連結会社であるGMOアダムがおこないます。

「Adam byGMO」では、銀行振込やクレジットカード決済、暗号資産のイーサリアム(ETH)による決済にも対応するとのこと。また「Adam byGMO」で購入されたNFTコンテンツは、「Adam byGMO」内で二次販売を行うことが可能で、二次販売による売り上げの一部は、NFTコンテンツの作者であるクリエイターにロイヤリティとして還元される仕組みになっています。

また「Adam byGMO」で購入したNFTを外部NFTマーケットプレイスへ出庫する機能や、外部マーケットプレイスで購入したNFTを「Adam byGMO」へ入庫する機能なども提供予定で、さらに英語・中国語(簡体字)にも対応する予定となっています。

今回のβ版サービス開始では、格闘技のK-1やYouTuber・ヒカル、さらに総勢36名の漫画家・イラストレーターによる作品等の多くのファンを持つデジタルコンテンツ計1,192点の出品・販売が行われています。

また、今後は「東京タラレバ娘」などで知られる漫画家・東村アキコの作品の出品も予定されており、近日中には一般のクリエイターも出品できるようになる正式版がローンチされるとのこと。

GMOアダムは「クリエイターとの提携やプロモーションに強みを持つサムライパートナーズをはじめ、アーティストや歌手などのクリエイターの方々、アスリートの方々、出版業界や不動産業界等の各業界のコンテンツホルダーの方々とも連携しながら、魅力あるコンテンツの溢れるNFTマーケットプレイスとなるよう、今後もサービス拡充を進めてまいります」と述べています。

あわせて読みたい
楽天がNFT事業に参入。2022年春スタート、楽天IDで決済可に 楽天グループは、8月30日にブロックチェーン技術を活用した非代替性トークン・NFT(Non-fungible Token)の事業に国内で参入することを発表しました。 今回の発表による...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる