人気DJスティーヴ・アオキ、NFTで「10年間の音楽収入を上回った」

スティーヴ・アオキ氏(Steve Aoki)がNFT音楽プラットフォーム「Gala Music」のローンチイベントに参加。同氏が過去10年間の音楽の印税収入より、ここ1年間にNFTで稼いだ金額のほうが上回ったとコメントし話題になっています。

スティーヴ・アオキ氏は世界的な人気を誇るDJ/プロデューサーとして知られ、音楽のみならずファッション、テクノロジーなど、さまざまな分野とコラボレーションを行い、ビジネスの才能を発揮しています。

今回話題になっているスティーヴ・アオキ氏の発言は、ブロックチェーンを使用したゲームを開発する「Gala Games」が発表した音楽NFTプラットフォームGala Musicのローンチイベント内のもの。

オープニングトークを担当し、「10年間音楽をやってきて、これまで6枚のアルバムをリリースしたけど、それらを全部合わせた収入よりも、去年のわずか1回のNFTドロップによる収入が上回ったんだ。そのおかげで、より音楽に対して集中できたんだ」と述べました。

スティーヴ・アオキ氏は昨年3月、木村カエラ氏のミュージックビデオ「HOLIDAYS」を手がけたことで知られるドイツのクリエイター、アントニー・ツディスコ氏(Antoni Tudisco)とコラボレーションしたNFTコレクション「Dream Catcher」を発表。425万ドル(約4億2,500万円)の売上を記録しました。

スティーヴ・アオキ氏は自身のNFTコレクションを発表するだけでなく、人気NFTシリーズDoodlesの所有を公言。小学3年生のNFTアーティスト「Zombie Zoo Keeper」が夏休みの自由研究で取り組んだNFTアート3作品を各2ETH(合計約240万円)で購入するなど、その動向がNFT界隈で注目を集めています。

あわせて読みたい
9歳少年のNFTアート「Zombie Zoo」がアニメ化!東映アニメーションがプロジェクト始動 9歳の日本人少年によるNFTアートコレクション「Zombie Zoo(ゾンビ・ズー)」を原案にした新しいアニメプロジェクトを東映アニメーションが発表しました。映像は2022年...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる