東京ガールズコレクション、OnimaruとコラボしたNFTが即日完売

東京ガールズコレクション(以下、TGC)とOnimaruのコラボによりデザインされたキャラクターのNFTコレクション「Onimaru x TGC 2022 S/S: Runway Collection」が販売され、即日完売となったことがわかりました。

Onimaruは、コレクティブルNFTとして集めて楽しめるだけでなく、メタバース空間の「BLOCWARS」内で3D表示させることで、自分で動かして様々な角度からコレクションを鑑賞することができるもの。

メタバース内に蔓延するハードフォークウィルスを退治するデジタル生命体という設定のキャラクター。精巧に制作されたデジタルアートトイは、世界中でファンによるコミュニティが形成されていて、フィギュアコレクターやNFTコレクターにより、活発に情報交換が行われている人気アイテムです。

購入したONIMARUはBLOCWARS内で育てることができるほか、服、スニーカー、帽子などのウェアラブルNFTと組み合わせて、自分オリジナルのONIMARUにカスタマイズできます。

さらに、特定のOnimaruをゲットすることで、BLOCWARSの土地NFTを早期に取得できる権利を手に入れることもできます。土地NFTでは、自分専用の展示スペースであるSwag Zoneが設置され、自分の所有しているさまざまなNFTを展示することができ、他のユーザーから「いいね」をもらうことで、メタバース内で他のNFTを購入できるポイントを入手することができます。

3月21日に開催された「第34回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 SPRING/SUMMER」では、開催に合わせて、TGC公式メタバース「バーチャルTGC」をリリース。

バーチャルTGC内では、ユーザーが自分の好きなアバターでTGCをベースとしたファッションメタバースに参加し、ファッションショーのイベントライブ試聴、ブースやさまざまなアトラクションを体験することができました。

今回販売された「Onimaru x TGC 2022 S/S: Runway Collection」は、BLOCWARS内の個人スペースである「Swag Zone」で展示したり、メンバーズクラブの証として特設スペースに参加できるのが特徴です。

Onimaruのブースでは限定リアクションがプレゼントされるなど、大きな盛り上がりを見せ、即日完売となりました。

ファンションブランドなどのNFT活用が活発化する中、ブランドだけでなくファッションショー自体がメタバースや公式NFTのリリースなどを行う事例は今後も増えていくことが予想されます。これまでは現地に行かなければ入手できないという希少性が価値を高めていました。今後はメタバースによって世界中からアクセスでき、さらにNFTによって希少性を担保することで、投資対象としてさらに価値が高まっていくかもしれません。

あわせて読みたい
バーチャル渋谷「シブハル祭 2022」開催!バーチャル大阪も会場に 自治体公認都市連動型メタバースのバーチャル渋谷が「バーチャル渋谷 au 5G シブハル祭 2022(シブハル祭)」の開催を発表しました。 バーチャル渋谷は、KDDI、渋谷未来...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる