吉村大阪府知事、メタバースへの挑戦に意欲「バーチャル大阪」本格オープン

都市連動型メタバース「バーチャル大阪」が本格オープンし、吉村大阪府知事らがアバターで出演するカウントダウンセレモニーが開催されました。

「バーチャル大阪」は、2025年開催の大阪・関西万博に先がけ、大阪の都市の魅力を国内外に発信する都市連動型メタバース。大阪府・大阪市とKDDI、吉本興業ホールディングス、博報堂の三社で組成する「KDDI共同企業体」が受託、制作。メタバースプラットフォーム「cluster」上にて2021年12月にプレオープン。2月28日から大阪市内の代表的なランドマークを配置して本格オープンとなりました。

メタバースプラットフォーム「cluster」上にて展開。clusterは、音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできるメタバースプラットフォーム

本格オープンを記念したカウントダウンセレモニーは、新たに公開された「バーチャル大阪 新市街エリア」内にて開催され、吉村大阪府知事、松井大阪市長等がアバターで登壇。本格オープンへの想いや今後の展望等を語りカウントダウンを実施しました。

今回のアバターはPocket RDが開発するアバタープラットフォーム「AVATARIUM(アバタリウム)」にて作成されたもの。吉村大阪府知事は「本当にこの機械で作成できるんですね!アバターができるのが楽しみです」とコメントし、完成したアバターを見て「ここまで精巧に出来上がるんですね。自分そのままで、生まれ変わりのようです」と述べています。

セレモニーでは、吉村大阪府知事が自身そっくりのアバターで、身振り手振りを交えながら、バーチャル大阪への期待を語った後、カウントダウンの掛け声と共に「バーチャル大阪」を本格オープン。松井大阪市長と「バーチャル大阪」監修者の佐久間氏も拍手で祝福しました。

吉村大阪府知事は「バーチャル大阪の無限の可能性を追求していきたい。大阪のリアルが持つ魅力やコンテンツをバーチャルと統合させることで、大阪の魅力を日本中や世界中に発信できると思う。自治体初となるメタバースへの挑戦。チャレンジスピリッツで取り組んでいきたい」と述べ、「バーチャル大阪」ディレクターの佐久間氏は「メタバースの戦国時代の中で、自治体が先陣を切って取り組むことに大変意味があり、全力を尽くしたい。バーチャルから生まれる新しい大阪の魅力もあると思う。大阪の魅力の“発信”と“創造”までメタバースで実現していきたい」とコメントしました。

今回セレモニー会場となった「バーチャル大阪 新市街エリア」は、道頓堀をモチーフに大阪の街の雰囲気を再現したエリアと、大阪城やスカイビルといった代表的なランドマークが配置されたフォトスポットの広場があり、広場ではビルを上ることができるアスレチックなど、バーチャルならではの新しいアトラクションも登場しています。エリアや体験の拡張は今後も予定しており「バーチャル渋谷」とワープゾーンで接続され、ふたつの空間の往来が可能となるとのこと。

あわせて読みたい
バーチャル秋葉原が2022年春にオープン。千代田区による支援も AKIBA観光協議会と大日本印刷(DNP)は、東京都千代田区の秋葉原地域の活性化を目的とした地域共創型XRまちづくりとして「バーチャル秋葉原」および「神田明神社殿 高精...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる