NFT付き「ONE PIECE」イラスト第二弾「Winter Waltz」販売開始

集英社は、マンガアート販売の新事業「集英社マンガアートヘリテージ」にて、尾田栄一郎氏の作品「ONE PIECE」のマンガアート作品の第二弾として、カラープリント作品の販売を発表、抽選販売の申込みを受付を開始しました。

「集英社マンガアートヘリテージ」は集英社が“マンガを、受け継がれていくべきアートに”というヴィジョンのもと、今年3月にスタートさせたマンガアート販売の新事業。「ONE PIECE」に関するマンガアートとしては第一弾として、連載1000話・コミックス100巻発売を記念した活版印刷作品「The Press」で計10点の販売が行われました。各作品は販売枚数を限定し、その価値を保証するためにブロックチェーンNFT証明書を発行。同プロジェクトは集英社によるNFTプロジェクトの側面も持っています。

今回販売されるのは、常に雪が降るドラム王国の物語を描いたものの中から選ばれた6つのシーン。「Winter Waltz」と題された作品群は、プロジェクトページ内の動画で確認できるほか、無料の会員登録でも作品リストを確認することができます。

カラープリントは美術館収蔵作品に使用されるコットン100%のベルベット・ファイン・アート・ペーパーに印刷され、コミックスやマンガ雑誌で用いられるオフセット印刷では再現できない「リアルな色」を表現。A3サイズの紙に描かれた作品の緻密さと、迫力ある表現の両方を楽しめるようにと、原画原寸でのプリント(A2)と、A1サイズへの拡大プリントの2枚がセットになっています。

エディションは各作品10枚に限定。すべての作品は、ブロックチェーン証明書サービス「Startbahn Cert.︎」に登録されています。ICタグシール添付のブロックチェーン連携販売証明書を同梱し、ICタグシールをスマートフォンでスキャンすることでブロックチェーン証明書の情報が閲覧できる仕組みになっています。

あわせて読みたい
集英社「ONE PIECE」活版印刷作品でNFT証明書 集英社は、マンガアート販売の新事業「集英社マンガアートヘリテージ」にて、尾田栄一郎氏の作品「ONE PIECE」の活版印刷作品の販売を発表しました。今回の販売ではNFT...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる