Twitter、ビットコインで投げ銭が可能に。NFT関連も発表

アメリカの大手SNS・Twitterは23日、Twitter上の「投げ銭」機能のアップデートを発表。iOS端末で広く開放されたほか、暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)も利用できるようになりました。

Twitterは、今年5月から英語圏の一部ユーザーに限定する形で送金機能をテストしていました。今回発表したのは「Tips」という名の投げ銭機能。今回のアップデートでは、iPhoneをはじめとするiOS端末のユーザーで、18歳以上であれば誰でも投げ銭機能が使えるようになりました。投げ銭は、サードパーティの決済サービスを利用。現在わかっているのは、Bandcamp、Cash App、Chipper、Patreon、Razorpay 、Wealthsimple Cash、Venmo、GoFundMe、PicPay。

また暗号資産ではビットコインの利用も可能に。ビットコインに関してはStrikeを利用することとなるため、現状では日本からビットコインの利用はできません。

Androidも近日中に対応予定のようですが、WEB版(ブラウザ版)の対応は未定です。セキュリティの観点や、ユーザーの利用状況から考えても、スマートフォンにしばらく限定する形が理想ではないかと思います。しかし、スーパーチャットなどの投げ銭では、若者が多額の投げ銭を行うことが一部で問題視されており、手軽に利用できるようになればなるほど、今後はこうした投げ銭機能の加熱について、考えていく必要がありそうです。

また今回の発表では、Twitterアカウントを利用してNFT(Non-Fungible Token・非代替性トークン)の所有権を証明する認証機能も今後ローンチする予定であることが明らかとなりました。暗号資産・NFT関係の動きに関しては、今後どこがイニシアティブを取るかが鍵となっていて、すでにユーザーを抱えるTwitterは、今回の投げ銭機能と絡めてさらなる発展を狙うものだと見られます。

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる