McDonald’s、マックリブ40周年で限定NFT

アメリカの大手ファストフードチェーンのMcDonald’s(マクドナルド)が、同社の人気メニュー「マックリブ」の登場を記念して、NFTを配布することを発表しました。

目次

抽選で10名。米マクドナルドが限定NFTをミント

マックリブは、ポークパティをバーベキューソースでいただく同社の人気メニューで今年は登場から40周年となります。今回11月より再販されるのに合わせた記念キャンペーンとして限定のNFTが抽選で10名に配布されます。

同社の公式ツイッターをフォローして、キャンペーンとツイートのRTで応募が完了。当選者には限定のマックリブNFTが発行されます。

各国のマクドナルドでNFT発行が続々と

アメリカのマクドナルドでNFTが配布されるのは今回が初めてとのことですが、10月には中国のマクドナルドで31周年の記念NFTが発売されたほか、フランスのマクドナルドが4月に「McDoNFT」を発行すると発表しています。

世界中にファンをもつマクドナルドですので、同社が発行したNFTが今後どんな風に流通していくのか注目です。

あわせて読みたい
【NFTとは ?】ブロックチェーンを応用した唯一無二のデータの価値 NFTでデータに資産価値が生まれる。データの価値は、現実と同じになる。 2021年はNFTの注目が特に加速した年となり、ブロックチェーンとNFTという単語は日常でも耳にす...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる