【メタバース × NFT】仮想空間におけるブロックチェーン技術の活用【The Sandbox】【ZEPETO】

メタバース(metaverse)は仮想空間の意味で、次世代のSNSと呼ばれており、大きな注目を集めています。

そんなメタバースは同じく話題となっている『NFT』との親和性が高いことで、仮想空間でのNFT事業が今後の新たなビジネスモデルとして大きく期待されています。

では、メタバースとNFTにはどんな関係性があるのでしょうか。

この記事では、メタバースがNFTと組み合わさることでどのような相互作用が働くのかについて解説していき、実際にメタバースでのNFT活用によりビジネスを成功させている例を見ていきます。

メタバースについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

目次

メタバースの特徴

メタバースの大きな特徴は、仮想空間の中で現実世界で行うような経済活動ができるという点にあります。

メタバースでは、人々が仮想空間内に建物や商業施設を作ることで、現実世界のような体験ができます。

また、現実では実現できないようなアトラクションを設置することで非日常的な体験を楽しむこともできます。

しかしメタバース空間での経済活動をするにあたっては、大きな問題点があります。

それは、デジタルデータがコピーされたり取引のログの改ざんが行われることで、仮想空間内の経済のバランスが狂ってしまうということです。

また、メタバース自体のサービスが終了してしまうと、せっかく築き上げてきた仮想空間内のアイテムが消えてしまうという問題もあります。

メタバースとNFTの親和性

上記のような問題解決に役立つのがNFTです。

NFT(Non-Fungible Token)は非代替性トークンという意味。

ブロックチェーンの技術を用いた、コピー不可能なデジタルデータの事です。

NFTの発行はブロックチェーンと呼ばれる技術を用いて行われ、技術的にデータコピーや偽装が不可能になるとされています。

現在では主にデジタルアート作品の出品などにこの技術が採用されています。

NFTについての詳細はこちらの記事をご参照ください。

そんなNFTは、メタバースの世界を構築する上で重要な技術となります。

NFTを活用することでバーチャル空間の中で公正な取引を行えるようになり、仮想世界の中でも現実世界と同じような経済活動を実現することができるようになります。

NFTの活用により、メタバース空間内の以下のようなデジタルデータの所有を証明することができます。

  • 仮想空間内のアバターコスチューム
  • メタバースゲーム内で使うアイテム
  • 動産・不動産の分類にかかわらずメタバース内で利用する概念

ブロックチェーン技術を用いてこれらのアイテムを所有する権利を証明することで、そのアイテムに唯一無二の価値がつくことになります。

またブロックチェーン上には唯一性の証明に必要な購入者情報などが書き込まれるので、もしメタバースのサービスが終了してしまっても、手に入れたアイテムをウォレットに保存したり、別のサービスへと移管を行うことで、NFTの価値は半永久的に残ります。

このように、メタバースはブロックチェーン技術を使ったNFTを応用することができ、新たなビジネスモデルとしてメタバースとNFTの相互作用が注目されているのです。

NFTと同じくブロックチェーン技術が用いられている仮想通貨(暗号資産)も、メタバース世界で通貨の統一を行うにあたって重要な役割を担います。

メタバースのNFT活用例

ここからは、現在の段階でメタバース空間にNFTを活用している例を紹介していきます。

The Sandbox

メタバースやNFTを利用したブロックチェーンゲームである『The Sandbox(ザ・サンドボックス)』

ビデオゲームにおける『サンドボックス』というゲームジャンルは文字通り砂場遊びという意味。ゲーム進行に関わる明確なタスクやクエスト等が存在せず、プレイヤーが自ら目標を決めて遊ぶというゲームデザインです。

日本でもよく知られている『マインクラフト』もこのゲームジャンルに位置します。

The Sandboxでは、ユーザーがメタバースの世界に自身のキャラクター(アバター)を投影し、その中で謎解きやアイテムを収集するなどの自由な活動を行うことができます。

ゲーム自体は2012年から初版のモバイル版がリリースされており、4,000万ダウンロード・100万人以上の月間アクティブユーザーがいるタイトルです。

現在では、仮想通貨“SAND”を用いたブロックチェーンゲームへと進化を遂げ、ゲーム内でのキャラクターやアイテムに価値を持たせ、売買することができるようになっています。(2021年12月6日現在はPCバージョンのみNFT対応をしており、まだ完全な正式リリースとはなっていません。)

The Sandboxでは、“LAND”と呼ばれる仮想空間内の土地で経済活動を行うことになります。

  • LANDを購入した上でそれを貸し出して収入を得る『不動産屋』
  • “VoxEdit”という無料ツールを使って、ゲーム内にオリジナルのアイテムやキャラクター、建物などを自作してそれらのアイテムを売ることで収入を得る『職人』
  • The Sandbox内のマーケットプレイスに出品されたアイテムの売買を行うことで収入を得る『商人』

これらのようにThe Sandbox内ではさながら現実世界のような経済活動が繰り広げられており、ユーザーがゲームの世界でリアルマネーを稼ぐことができる”play-to-earn”という新しいゲームモデルが展開されています。

そんなThe Sandboxのゲーム内通貨である仮想通貨SANDは、フェイスブックが2021年10月末に社名をMetaに変更してから価格が一気に急騰しました。

同年11月にはスポーツブランドのadidasがThe Sandboxとパートナーシップを提携し、ゲーム内に“adiVerse”を開発するためにLANDを確保します。

この告知からわずか1日で仮想通貨SANDは25%上昇して7ドル超の史上最高値を更新、1週間の上昇率は70%に達しました。

このような大きなニュースも絡み、仮想通貨SANDはフェイスブックの社名変更からわずか1か月弱で一時的に約10倍の値段に跳ね上がるほどのとてつもない価格上昇を見せました。

データ引用元:CoinMarketCap The Sandbox対JPYチャート (2021年12月6日現在)

SANDの急騰によりゲーム内の土地LANDは2021年12月6日現在、多くの土地が約3~4ETH(約140~187万円)という巨額で取引されています。

この日の取引の中には、なんと27ETH(約1267万円)で売買されていたLANDも存在していました。

データ引用元:miiime The Sandbox アクティビティ (2021年12月6日現在)

また、2021年11月4日より販売を開始した『Quan Land』セールは開始からわずか4分で完売し、販売総額が約2.8億円に達するなど、The Sandboxでは既に巨額の経済圏が形成されています。

ZEPETO

世界中で2.5億人以上のユーザーを誇るアジア最大のメタバースプラットフォーム『ZEPETO(ゼペット)』

画像出典:ZEPETO-Make Yours

ZEPETO(ゼペット)は、スマートフォンの顔認証機能を使うことで自分そっくりのアバターを作ることができるアプリです。

ZEPETOはもともと自撮りアプリのSnowを開発した同名の企業から生まれたものですが、2020年5月にNAVER Zという子会社として独立しました。

ZEPETOのアプリ内には、バーチャル空間にアバターを投影して散策をすることができる“ZEPETO World”という機能があります。

そこでは他のユーザーとリアルタイムで接続して、チャットやボイスチャット、写真撮影などで交流することができます。

ZEPETO Worldには多種多様なバーチャル空間が用意されており、仮想世界の中で車に乗ったりミニゲームに参加したりと、様々な遊びを繰り広げることができます。

過去には、Gucci(グッチ)やRalph Lauren(ラルフローレン)などの有名ファッションブランドともコラボして、オリジナルのドレスアップアイテムを仮想空間上で試着・購入できるアトラクションも展開されてきました。

画像出典:ZEPETO SUPPORT

そんなZEPETOから、2021年11月に国内で初めてNFTの販売が発表されました。

販売されたのはZEPETO World内で利用できる「ZEPETO WORLD 桜 1-12」というアイテム。(既に完売しています。)

ZEPETOから販売されるNFTの基盤技術には、LINEが独自開発したブロックチェーン技術“LINE Blockchain”が採用されています。

一般的なNFTマーケット等で購入したアイテムは専用ウォレットで取り扱う必要があり、ウォレットの開設にかかる手間や管理の面倒さなどの問題があります。

一方で、LINE Blockchain基盤のNFTは、LINEのアカウントがあればすぐに登録ができる「LINE BITMAX Wallet」で保管を行うため、簡単にNFTアイテムを取り扱うことができるのです。

画像出典:LINE

また、同年12月にはソフトバンクグループがZEPETOに約170憶円の出資をすることが明らかになりました。

NAVER Zの最高戦略責任者であるRudy Lee(ルーディー・リー)氏は「ZEPETOはおそらく世界最大のバーチャルファッションマーケットプレイスだろう」とコメントしており、今後もさらにバーチャル世界でのファッション市場は拡大していくと予想されます。

メタバース世界での経済活動が盛んになる

今回はメタバースとNFTの親和性と、実際に仮想空間上で繰り広げられるNFT取引について紹介してきました。

今回紹介したThe Sandboxにはaddidasのほかにも老舗ゲームメーカーのATARIと提携しており、「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」で知られるSQUARE ENIXからの出資を受けたことが報告されています。

またZEPETOは、2019年からディズニーとのライセンス契約を締結しており、これまで15回にわたりオリジナルアイテムを提供してきました。

このようにメタバース空間のビジネスには既に多くの著名な企業が参入しており、その市場規模は大きく拡大し続けています。

仮想空間にブロックチェーン技術を応用してNFTや仮想通貨が結びつけられることで、将来的には現実世界と同じような経済社会が成立していくと予想されます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる