【2022年版】助成金の概要と用途別まとめ【随時更新】

国・地方公共団体から企業や個人事業主に給付されるお金に『補助金』『助成金』があります。

今回は、助成金とはなにか、また、助成金と補助金との違いはなにか、そして助成金にはどんな分類があるのかを見ていきます。

また、対象に向けた助成金の記事をご紹介していきます。

目次

助成金とは?

助成金とは、企業の労働環境の改善や人材育成を支援するための、事業主に向けた支援金です。

一定の条件を満たすことで国や地方自治体から支給され、返済義務がないことが特徴です。

助成金の主な使用例には、就職困難者向けの雇用制度の設立や、派遣社員から正社員へ昇進にかかる費用、社内の研修制度にかかる費用などがあります。

助成金は主に以下の2つの管轄によって分類されています。

  1. 雇用関係の助成金(厚生労働省)
  2. 研究開発の助成金(経済産業省や外郭団体など)

厚生労働省の助成金は、労働環境の改善や新しい雇用が対象なのに対し、経済産業省やその他の団体の助成金は、研究開発などを含む諸費用を対象にしています。

助成金と補助金の違いはなに?

助成金と補助金は、いずれも国や地方公共団体、民間団体から支出される支援金で、どちらも返済が不要というのが特徴的です。

補助金が主に経済産業省から支出されるのに対して、助成金は主に厚生労働省から支出されます。

また、補助金は予算が決まっていることから抽選倍率が高く審査が厳しいのに対して、助成金は受け取るための要件を満たすことができれば、ほぼ確実に受け取ることができます。

また、補助金は公募期間が短く年に数回という場合が多いですが、助成金の場合は基本的に年中いつでも申請が可能です。

  • 人気の助成金は早めに受付を終了する可能性があるため注意が必要です。

助成金の分類

ここからは、様々な用途別の助成金を紹介していきます。

先ほど助成金は主に2つの管轄によって分類されているとご紹介しましたが、今回は中でも一般的に用いられる厚生労働省からの助成金に絞ってご紹介していきます。

建設事業主の方のための助成金

建設業は他の業種に比べて雇用保険の保険料が高めに設定されているという事情から、その代わりに多くの助成金が用意されています。

こちらの記事では、そんな建設事業を支える助成金の数々を紹介しています。

転職者支援の助成金

昨今のコロナ禍によって多くの人が会社からの離職を余儀なくされる状況になり、なかなか正規雇用に戻ることができない人々がいます。

そのほかにも、就職氷河期や震災などと就職活動のタイミングが重なったことによって正規雇用に就くことが困難となった方々も存在します。

こちらの記事では、そのような方々の転職活動等を支える事業に対しての助成金を紹介しています。

職場環境改善を支援する助成金

良い労働環境を提供することは、労働者の幸福度を高めるだけでなく、会社全体としての生産性の向上にもつながるため、企業にとって最も重要な取り組みのひとつであると言えるでしょう。

こちらの記事では、賃金の改定や研修制度の充実など、職場環境の改善に努める企業を支援する助成金について解説しています。

昇進や雇用維持の手助けをする助成金

労働者の昇進や雇用の維持に関わる費用、さらには教育訓練休暇制度の導入といった労働者のキャリアアップを支援する制度を設けるためには諸費用が掛かります。

こちらの記事では、そのような労働者のキャリアの手助けをする企業を支援する助成金を紹介しています。

高齢者、障がい者等の雇用支援のための助成金

少子高齢化が急速に進行する日本では、一人でも多くの人が意欲と能力を活かして働き、経済を活性化させることが重要であり、そのためには高齢者や障がい者などの就職困難者でも働きやすい環境の構築が必要になってきます。

こちらの記事では、そんな就職困難者への労働環境の整備などを行う企業を支援する助成金を紹介しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる