メタトーキョーが雑誌「FRUiTS」とのコラボ企画をスタート

アソビシステム、ParadeAll、Fracton Venturesの3社は、NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市「メタトーキョー(MetaTokyo)」で、写真家の青木正一が創刊した雑誌「FRUiTS」の創刊号に掲載されたストリートスナップをNFTとして販売すると共に、MetaTokyo内のコラボ・ポップアップミュージアムでの展示を行うと発表しました。

メタトーキョーは、アソビシステム、ParadeAll、Fracton VenturesらによるNFTを活用したオープンメタバース上の文化都市で、デジタル上の文化都市の創出とエリア開発、NFTを活用した日本からグローバルへのデジタル文化輸出、TOKYO発のグローバル・クリエイター・エコノミーをWeb 3.0で実現するため、都市を結びつけるプロジェクトとしてスタートしたものです。

今回、ストリートスナップを通して世界に“原宿ファッション”を知らしめた1997年創刊の雑誌「FRUiTS」の創刊号に掲載されたストリートスナップを、アート特化のNFTマーケットプレイス「Foundation」にて、オークション販売を行います。

販売する画像は雑誌用にトリミングする前のフィルム全体のデータを採用し。雑誌用にトリミングしていないことで「被写体と周囲との関係をより写していて、雑誌に掲載した写真とは一味違ったドキュメンタリー写真となっている」とのこと。

今回の展示は、NFTを活用したオープンメタバース「Decentraland」に購入されたメタトーキョー用の土地の一部に建設した、ポップアップミュージアム「SPACE by MetaTokyo」を「FRUiTS」とのコラボ仕様にアップデートし行われます。SPACE by MetaTokyoの建造物は、メタバース/VRクリエイターとして国内外で活躍しているMISOSHITA氏が手掛けています。

あわせて読みたい
【NFTを買うならココ】国内で利用できるNFTマーケットプレイス NFTの取引を行える場所、NFTマーケットプレイスは世界中でその規模を拡大し続けています。 2021年3月にサービスを開始したNFTマーケットプレイス『Coincheck NFT(β版)...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる