MetaTokyoをユーザーへ解放。銀座、渋谷、新宿などが一等地に

NFTプラットフォームで分散化価値ネットワークのTOKAU(トカユ)が、メタバース(仮想世界)プラットフォーム「MetaCity」上のエリア「MetaTokyo」をユーザーへ開放。メタバース内のエリア「Land」の販売を2月中旬より開始すると発表しました。

TOKAUは、ブロックチェーンNFTテクノロジーを使用し、有名人やインフルエンサーがファンと交流できるNFTプラットフォームを提供。NBAのスーパースターであるアレン・アイバーソン、ヒップホップの名門レーベル、デフ・ジャムの創設者として有名なラッセル・シモンズ、著名なラッパーのスヌープドッグなどの有名人とパートナーシップを結びNFTを発行したことがあります。

MetaCityは、GameFiとNFTなどを組み合わせている仮想空間上で土地やアイテムを売買できるプラットフォームで、世界地図をベースに設計され150,000Landsで構成されています。最初のエリアとして開放される東京をベースとした世界「MetaTokyo」は、は東京タワーやスカイツリーなどの日本の象徴的な建築物や景勝地を含む2000のLandで構成されています。

銀座、渋谷、新宿、浅草、原宿、六本木が一等地としては各場所100Lands、合計600Landsを販売。そのほかは一般地として販売されます。Landは暗号資産(仮想通貨)のテザー(USDT)で取引され、価格は825USDTからとのこと。

TOKAUは「MetaCityはLandを利用するすべてのユーザーに対して、コンテンツプラットフォームやソーシャルプラットフォームを提供しています。ユーザーがコンテンツ、ソーシャル、ゲーム、仕事の経験を簡単にマネタイズできるようになります」「MetaTokyoは、国籍や人種を問わない様々なユーザーが分身となるアバターなど置き、生活を送ったり、交流することが可能です。MetaTokyo を通し、実際には日本を訪れたことのないユーザーや関心のある人々へ、日本文化を発信していくことにも適しています」とコメントしています。

あわせて読みたい
【仮想通貨の必要性】メタバース世界で経済が繰り広げられるには?【ステーブルコイン】【暗号資産】 2022年に入り、一層注目が高まっているメタバース世界の到来。 人々が現実世界と並行してメタバースの中の世界=仮想世界で生活をし始める未来が近づいているのでしょう...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる