ネーミングライツ契約も。FISCO「Zaif NFT Marketplace」をローンチ

Zaif NFT Marketplace ウェブサイトより

投資情報サービスを提供するFISCOの連結小会社であるのFISCO Decentralized Application Platform(FDAP)が、NFT マーケットプレイス「Zaif NFT Marketplace」をローンチさせました。

同NFTマーケットプレイスは、アート・サブカルチャーなどを含む日本のカルチャーをNFT化し、ユーザー間で売買できるNFTマーケットプレイスです。当初は「FISCO NFTマーケットプレイス」というサービス名称でローンチ予定でしたが、暗号資産取引所「Zaif」を運営するカイカエクスチェンジとネーミングライツ契約を締結し、「Zaif NFTマーケットプレイス」の名でローンチとなっています。最近のNFTマーケットプレイス乱立の中で、自社名を冠せずにネーミングライツ契約を結ぶのは珍しく、非常におもしろい取り組みと言えます。

FDAPは「NFTをバブルで終わらせないためにNFT への新たな付加価値の提案を実行し、新たなアーティスト・クリエイター支援のスキームを提供することで、日本のコンテンツを世界へ発信していく仕組みです」と意欲をみせています。

キャッチフレーズである「日本の文化をNFTへ、NFTを世界へ」のもと、国内ではNFTアプリケーションにてNFTを発行し、オークンション機能にて取引が可能です。

決済方法については、現在は日本円での対応で、今後は暗号資産(仮想通貨)やクレジットカードなどの決済方法についても検討中とのこと。基本的なオークション手数料は取引額の10%で、出品者からのNFTに関するマーケティングについても、パートナー企業に15%程度のマージンを渡すことにより、効率的に実施する方針です。

あわせて読みたい
【NFTを買うならココ】国内で利用できるNFTマーケットプレイス NFTの取引を行える場所、NFTマーケットプレイスは世界中でその規模を拡大し続けています。 2021年3月にサービスを開始したNFTマーケットプレイス『Coincheck NFT(β版)...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる