米ヴァルキリー社のビットコインETF、ナスダックで取引開始

投資会社・Valkyrie InvestmentsのビットコインETFが、アメリカの証券取引委員会(SEC)で先物ベースビットコインETFとして承認され、取引を開始しました。

このたび承認されたビットコイン先物ETFは「ValkyrieBitcoin Strategy ETF」で、ナスダックで1株あたり25.52ドルの価格でスタートしました。同ETFは、シカゴマーカンタイル取引所(CME)に上場されているBTC先物の価格を追跡するとのこと。

ETFとは「Exchange Traded Funds」の略で、日本語では上場投資信託と訳されています。ETFは、日経平均やNYダウなどといった指数に連動して運用される投資信託で、アメリカではProSharesによる「ProShares Bitcoin Strategy ETF」が最初の事例として承認されたばかり。「ProShares Bitcoin Strategy ETF」は、初日に5億7000万ドルを集め、売買代金は10億ドル超え、過去のETF承認としては初日の出来高が歴代2位を記録していて、その注目度の高さがわかります。

ビットコインETFとしてはProSharesによる「ProShares Bitcoin Strategy ETF」に続いて、VanEckによる「Bitcoin Strategy ETF」が承認されているため、今回が承認としては3例目となります。VanEckのビットコインETFもシカゴ・オプション取引所(Cboe)が運営するBZX取引所で取引が開始される予定です。

アメリカのビットコインETFでは、大手暗号資産投資会社のグレースケールがビットコイン投資信託(GBTC)をETF転換するとの計画を発表しました。ビットコインETFの承認が相次いでいますが、ビットコイン自体の価格は少し様子見で700万を突破してからは、小康状態が続いています。

あわせて読みたい
米グレースケール社、ビットコイン投資信託に転換申請 アメリカの大手暗号資産投資会社のグレースケールが、同社のビットコイン投資信託(GBTC)をETFに転換することを計画しているとCNBCが報じていましたが、正式に転換を申...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる