老舗オークション・サザビーズ、NFTプラットフォームを開設

オークション会社の老舗・Sotheby’s(サザビーズ)が、NFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse(サザビーズ・メタバース)」を15日からスタートさせました。

Sotheby’s Metaverseは、サザビーズのスペシャリストたちがキュレートするNFT(Non-Fungible Token・非代替性トークン)のデジタルアートのコレクションを販売するプラットフォーム。NFTの公式アカウントでも同プラットフォームのローンチ動画が公開されています。

「Natively Digital 1.2」と名付けられたコレクションが最初のキュレーションになるようで、18日から26日まで開催されます。Loopify、Pranksy、straybits、スティーヴ・アオキやパリス・ヒルトンなど多様なアーティストの作品が含まれる予定となっています。

取引はイーサリアム(ETH)のほか、ビットコイン(BTC)やステーブルコインUSDCなどが採用され、法定通貨による決済も可能とのこと。

Sotheby’sはバーチャル空間プラットフォーム「Decentraland」でのギャラリー開設や、NFT関係のオークション、仮想通貨による取引はすでに行ってきていました。老舗オークション会社によるプラットフォームの開設によって、今後こうした取り組みがさらに活発になっていくことが予測されます。

あわせて読みたい
【NFTとは ?】ブロックチェーンを応用した唯一無二のデータの価値 NFTでデータに資産価値が生まれる。データの価値は、現実と同じになる。 2021年はNFTの注目が特に加速した年となり、ブロックチェーンとNFTという単語は日常でも耳にす...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる