メタ・リゾートTOKYO、誕生へ。仮想空間に複合リゾート施設

ピクセルカンパニーズは、グループ会社であるピクセルソリューションズを中心に、ブロックチェーンVR空間Decentralandに複合リゾート施設等を建設する「メタ・リゾートTOKYO(仮称)」の開発プロジェクトを発足したと発表しました。

今回のプロジェクトではNFTを活用したメタバース上で日本文化を全世界へ発信することを目的に、VRプラットフォームのDecentralandに東京をイメージした仮想空間に複合リゾート施設等を建設。新たな雇用と経済活動を生み出すエコシステムの創出を目指すとしています。

メタ・リゾートTOKYO(仮称)には、国際会議場や映画館、ショッピングモール、劇場、アミューズメント、eスポーツといった様々な機能を持つ施設が集まり、コロナ禍で訪問ができなかった東京の観光や、メタバース上でもう一つの「人生」を楽しむことが出来ます。プロジェクトのスタートは、シンボルである“アミューズメントパーク「メタ・リゾートPIXELタワー(仮称)」の建設から始めるとのこと。

ピクセルカンパニーズはプロジェクト発足の理由として「Decentraland上のメタバース空間に事業開発の場を展開することで、技術発展とエコシステム作りの両面を検証することができます。加えて、新人エンジニアの育成の場としても活用が出来ればと考えております」と述べています。また「当該プロジェクトにより『文化発信』『経済圏・雇用創出』『技術開発』については持続的に持ち続けるコンセプトとしてメタバース領域の事業に引き続き取り組んでまいります」と意欲的です。

今回メタ・リゾートTOKYO(仮称)が進出するVRプラットフォーム・Decentraland上では、アソビシステム・ParadeALL・Fracton Venturesによる「メタトーキョー」プロジェクトなどもあり、同じプラットフォーム上で異なる”東京”が展開されることになります。

今後は他社も同様の動きが行われる可能性もあります。現在は競合する相手とも一緒に盛り上げていくというのがあるかと思われますが、同種のプロジェクトが共存していくことになるか、それとも熾烈な争いになっていくのか注目です。

あわせて読みたい
味園ユニバースがメタバース化!大阪のサブカル聖地、65年の歴史 65年の歴史を誇り、⼤阪の⼤衆⽂化と共振し、時代を映す鏡として存在してきた伝説的ビル「味園ユニバースビル」をメタバース化するプロジェクトが発表されました。 ​味...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる