ジャスティン・ビーバー、1億5千万円で涙目な猿のNFT[BAYC]を購入

猿のイラストのNFTコレクション・Bored Ape Yacht Club(BAYC)の1つを、アメリカの歌手ジャスティン・ビーバーが購入したことがわかりました。購入価格は500ETHで、BAYCの取引史上で7番目の高額取引とのことで話題となっています。

Bored Ape Yacht Club(BAYC)とは、Bored Ape=退屈した猿をモチーフにしたNFTを1万個あつめたNFTコレクションで、イーサリアムのERC-721規格をベースに作成されたものです。Bored Apeの表情、髪型、服装、背景色などがそれぞれで異なっていて、NFTアートならではなコレクションとなっています。アディダスがメタバースプロジェクトでコラボしたり、音楽グループの結成やモバイルゲームが開発されたりなど、いまやNFT界隈のアイドル的存在です。

今回ジャスティンが購入したのは「Bored Ape #3001」で、黒のTシャツに涙目になった寂しげなBored Apeで、どちらかというとそこまで特徴のない普通のBored Apeです。そのため購入前は80ETHの価値だったそうですが、ジャスティンはこれを500ETH(購入時価値で約1億5千万)もの高額で購入しました。

OpneSeaのページにいくとオーナーは確かに「JustinBieberNFTS」とクレジットされており、さらにジャスティンのInstagramでも楽曲「Lonely」の歌詞とともに#3001の画像をアップ。「#lonelyboredape」とのハッシュタグをつけられており、今後これをどうするのかは不明ですが、ジャスティン自体はとても気に入っている様子が伝わってきます。

あわせて読みたい
アディダスがメタバースプロジェクトを発表。BAYCらとコラボ アディダス(adidas)が、Bored Ape Yacht Clubとgmoney NFT、PUNKS Comicとコラボしたメタバースプロジェクトを発表しました。 https://twitter.com/adidasoriginals/s...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる