バンクシー(Banksy)とは/STRAYM

Banksy『Rude Coppe』 神出鬼没!正体不明の芸術家【STRAYM】

今回紹介するアート作品は覆面アーティストBanksy(バンクシー)の『Rude Copper』です。バンクシーといえば昨今でもその自由奔放な振る舞いが多くのメディアに取り上げられ、話題となっている世界でも指折りのアーティストの1人です。

2000年代に入り、バンクシーがグラフィティアート作品の発表をしていくと、そのユニークな表現方法、メッセージ性は多くの人から注目を浴びます。やがてオークションなどで作品が売買されるまでになり、瞬く間に現代アーティストの象徴になりました。

バンクシーの作品はとても高価なものが多く入手するのがとても困難です。
ですがSTRAYMというサービスでは低価格且つ簡単にバンクシーの作品だけでなく、その他有名アーティストの作品のオーナーになることができます。

STRAYMとはアート作品を他のユーザーと共同で保有ができるサービスです。

本来は1作品につきオーナーは1人の場合が多いです。作品の値段も高く個人単位では手が出しづらいものでしたが、他のユーザーと共同保有するということで少ない費用でアート作品のオーナーになることが可能になりました。

いまをアルク
STRAYM(ストレイム)【アート共同保有サービス】 | いまをアルク STRAYM(ストレイム)は、100円からアート作品のオーナー権を共同保有・売買できるマッチングサービスです。 従来アート作品はオーナー所有という概念がありましたが、値段も...
目次

Banksy『Rude Coppe』

Banksy(バンクシー)とは

出典: STRAYM (ストレイム) ※画像の無断転載・使用禁止

バンクシーは英国を拠点とする、覆面アーティストです。本名、生年月日などの個人情報は公表しておらず、人の前にも一切姿を現しません。朝起きると向かいの住宅の壁に昨晩は無かったバンクシーの作品が描かれていたなんてこともあるそうです。

彼の作品は反資本主義や反権力など政治色が強いものが多くあります。有名になる前も街の外壁や街灯などあらゆるところにゲリラ的に作品を残していました。

2005年 バンクシーは自身の作品を無断で著名な美術館、博物館に展示しました。数日間誰にも気付かれずにそのまま作品が展示され、その話題は世界中に衝撃を与えました。

他にも多くのハプニングを起こしていて2018年には、『イギリス人が愛するイギリス人アーティストの作品 第1位』にも選ばれた自身の作品『風船と少女』を、Sotheby’s(ロンドン)の競売で約1億5,000万円(104万ポンド)という高額で落札が決定した瞬間に額縁に仕込んだシュレッダーを起動させ、作品が切り刻むなど常軌を逸したパフォーマンスをしました。

切り刻まれた作品はバンクシーの作品を管理する専門機関である『ペスト・コントロール』によって風船と少女というタイトルとは別に『Love is in the Bin(愛はごみ箱の中に)』というタイトルが付けられました。

オークション後『風船と少女』を落札した女性は「最初はショックだったが、美術史に残る作品を所有することになるのだということに気づいた」とコメントした。


彼の他のアーティストにはない個性的な人柄や作品のメッセージ性の印象強さなどが世界中で話題になり爆発的な人気を生み出しました。

バンクシーの作品は、個人住宅の壁や公共の場に突然出現するため、その所有権がはっきりとしない場合が多く、壁の持ち主が落書きと勘違いして消してしまったり、切り抜き盗み取られたりする事もありました。

Banksyの歴史

2004年 『風船と少女』が『イギリス人が愛するイギリス人アーティストの作品 第1位』に選ばれました。

2005年 パレスチナへ旅行し、イスラエル西岸の壁に9つの絵を描きました。その後、壁画は約1億円(110万ドル)で落札されたものもあります。

2008年 バンクシーは「何の罪もないコレクターが偽物を摑まされないように」と、バンクシー自ら作品の唯一の公的認証機関 『ペスト・コントロール』を設立します。

2010年 初監督映画作品『Exit Through The Gift Shop』を公開し、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされました。

2015年 ディズニーランドを文字った、テーマパーク『Dismaland』 が1ヶ月の期間限定で開園しました。『Dismaland』の語源となったdismalは、英語で陰気・暗いなどといった意味を指し従業員は皆やる気のない様子で園内も全くの殺風景でした。まさに悪夢の遊園地でしたがわずかな期間で約15万人の来園者と35億円の経済効果をその地にもたらしました。

2017年 パレスチナにホテル『The Walled Off Hotel』をオープン。建物の至るところにバンクシーの作品が展示されています。

2018年 『風船と少女』が、Sotheby’s(ロンドン)の競売にかけられ、約1億5,000万円(104万ポンド)という高額で落札後に額縁に仕込まれたシュレッダーが起動し、作品が裁断されました。

2019年 『Devolved Parliament』が、Sotheby’s(ロンドン)にて予想価格を5倍以上上回りバンクシー作品の過去最高落札額の約13億円(990万ポンド)で落札されました。

2020年 イギリスで最も急坂な住宅地にお婆さんがくしゃみをした勢いで建物を倒す絵が描かれました。コロナウイルスが蔓延する中マスクをつけない人への警告のようなものだという解釈をする方が多いです。

『Rude Copper』について

出典: STRAYM (ストレイム) ※画像の無断転載・使用禁止

『Rude Copper 』(ルードカッパー)は、バンクシーがこれまでに作った最初のシルクスクリーン作品です。当初、ロンドンの壁画にグラフィティとして描かれた2人の警官から、1人の警官を描いており、その“フレンドリーなジェスチャー”はバンクシーのアイコンのひとつとなっています。

お知らせ【STRAYM出品情報】

2021年4月27日(火) 19:30からSTRAYMにて新たな作品が出品されます。

今回出品される作品は、KAWS『URGE 4』と 空山 基『Sexy Robot Marilyn』の2作品になります。

待望のKAWS2作品目とセクシーロボット作品で有名な空山基の3作品目です!

是非ともSTRAYM( https://straym.com/)でご確認ください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる