楽天証券の口座開設手順 わかりやすい写真解説

楽天証券で投資を始めるためには、楽天会員の登録、楽天銀行の口座開設、楽天証券の口座開設が必要になります。

登録を行う手順はいずれからでも可能ですが、楽天会員の登録をした後に、楽天銀行登録ページから楽天証券を同時登録する手順をおすすめします。

用意するもの…

  • スマートフォン
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証、保険証などの身分証明書

パソコンからも登録情報の入力を行えますが、手順の途中で身分証明書の撮影を行いますので、スマートフォンで登録を進めていくことをおすすめします。

iPhoneの場合はsafariで、androidの場合はchromeで登録ページを開いてください。

また、登録ページはしばらく時間をあけるとセッションが切れてしまいます。

特に、楽天銀行カードは多数のブランドから選択することになるため、あらかじめどのカードを選ぶのかを決めておきましょう。

楽天銀行と証券それぞれのID・パスワード・取引暗証番号などの大事な情報が多数ありますので必ずメモに残しておいてください。

目次

楽天会員の登録

まずは楽天会員の登録を行いましょう。

楽天会員の登録ページはこちら

会員登録

『楽天会員に登録する』ボタンを押して入力ページに移行します。

①:メールアドレス・ユーザーID・パスワード・氏名・フリガナを入力します。

ユーザーIDはメールアドレスをそのまま使用するか、任意で設定することができます。

②:入力情報の確認を行います。

この後、楽天カードの手続きページに移行することができますが、楽天銀行カードと楽天カードの二枚持ちはできないので今回は作成しません。

これで楽天会員の登録が完了しました。

情報の追加登録

楽天銀行または楽天証券を開設する際、楽天会員からのログインボタンを押すと以下のような詳細情報の登録画面に移行します。

郵便番号・都市区(島)以降の住所・電話番号・生年月日・性別を入力し、規約に同意の上情報の追加を行います。

この手順を踏むことで、楽天銀行と楽天証券の口座を開設する際に情報入力の手順を簡略化することができます。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる