OpenSeaがMoonPayと提携、クレジットカード決済のNFT購入に対応へ

NFTマーケットプレイスのOpenSeaが、暗号資産(仮想通貨)決済プロバイダのMoonPayと提携し、クレジットカード決済に対応することがわかりました。

MoonPayは、クレジットカードやデビットカードを使用し、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの暗号資産を購入できる決済システム。2019年にIvan Soto-Wright氏とVictor Faramond氏が立ち上げ、現在は世界160ヶ国以上でサービスを展開しています(2021年7月に日本向けサービスは終了)。

MoonPayの決済インフラは法定通貨を暗号資産に返還し、暗号資産市場へのエントリーポイントを提供。同サービスには顧客認証、支払い処理、暗号資産の流動性提供、詐欺防止などの機能も備わっています。

また、多くの著名人にNFT購入の仲介サービスを提供しており、ラッパーのスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)や歌手のマドンナ(Madonna)が人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入すると、大きな注目を集めました。

あわせて読みたい
マドンナ、人気NFT「BAYC」を約6,900万円で購入 歌手のマドンナ(Madonna)が、人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の#4988を180ETH(購入時価格で約6,900万円)で購入したことがわかりました。 BAYC...

MoonPay公式Twitterによると「ユーザーは近いうちにVisa、Mastercard、Apple Pay、Google Payなどを介して、OpenSeaのNFTを購入できるようになる」とのこと。クレジットカード決済は、NFTのミント、ドロップ、トレーディングにも対応。ただし、決済手数料が発生するため、暗号資産ウォレットでの購入に比べ、コストは高くなります。

このクレジットカード決済対応によってOpenSeaの利便性が高まり、NFTの発行・取引が活性化し、業界のさらなる発展につながると期待されています。なお、OpenSeaは先月、Solanaのブロックチェーンを基盤として発行されたNFTを取り扱う予定であることも発表しています。

あわせて読みたい
NFTを使った事業拡大を支援「Visa Creator Program」開始 クレジットカード大手のVisaが、クリエイティブ業界の起業家を対象に、NFTを活用した事業拡大を支援する「Visa Creator Program」を開始したことがわかりました。 https...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる