マドンナ、人気NFT「BAYC」を約6,900万円で購入

歌手のマドンナ(Madonna)が、人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の#4988を180ETH(購入時価格で約6,900万円)で購入したことがわかりました。

BAYCはアメリカのスタートアップ、ユガ・ラボ(Yuga Labs)が制作するBored Ape(退屈な猿)をモチーフにしたデジタルアートによるNFTコレクション。コレクションは1万個のBored Apeを集めたもので、表情、頭の形、服装など170以上の特徴的なパーツをプログラムで組み合わせて生成され、同じ見た目のものは存在しません。

昨年4月よりNFTマーケットプレイスのOpenSeaで販売を開始したBAYCは、当初0.08ETHで購入することができました。しかし、ラッパーのスヌープ・ドッグ氏(Snoop Dogg)やエミネム氏(Eminem)といった著名人がBAYCを購入したことが話題になり価格は急騰し、現在は安価なBAYCでも40ETH〜50ETH前後になっています。

マドンナ氏は自身のInstagramに「私はついにメタバースに入りました…。彼女に何と名前を付ければいいですか?」とコメントを添え、暗号資産決済プロバイダーのMoonPayを通じてBAYCを購入したと投稿。OpenSeaの取引記録を確認したところ、180ETH(購入時価格で約6,900万円)で購入したことがわかりました。

昨年12月、アディダス・オリジナルス(adidas Originals)がメタバース事業参入にあたり、BAYCとのコラボレーションを発表。今年2月には、歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)がBAYCの#3001を500ETH(購入時価値で約1億5千万)で購入し、大きな話題を呼びました。

今回マドンナが購入したことで、BAYCの価値はさらに高騰することが予想されます。

あわせて読みたい
ジャスティン・ビーバー、1億5千万円で涙目な猿のNFT[BAYC]を購入 猿のイラストのNFTコレクション・Bored Ape Yacht Club(BAYC)の1つを、アメリカの歌手ジャスティン・ビーバーが購入したことがわかりました。購入価格は500ETHで、BAY...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる