味園ユニバースがメタバース化!大阪のサブカル聖地、65年の歴史

65年の歴史を誇り、⼤阪の⼤衆⽂化と共振し、時代を映す鏡として存在してきた伝説的ビル「味園ユニバースビル」をメタバース化するプロジェクトが発表されました。

​味園ユニバースビルとは、1956年に大阪府千日前に誕生した商業ビル。キャバレー、ダンスホール、宴会場等を併設した一大歓楽施設で、ネオンサインの外観は千日前の歓楽街を象徴し、空中ステージ5基を擁した巨大キャバレー「ユニバース」は伝説的スポットとして知られています。2000年代以降は新たなライブスペースとして再注目され、現在は個性的なバーが入居する「サブカルチャーの聖地」としても知られています。

今回のメタバースプロジェクト「UNIVERSE 1956 -」では、味園ユニバースの全⾯協⼒を得た共同プロジェクト・COSMIC LABがバーチャルプラットフォーム「Virtual Universe」を構築し、味園ユニバースビルをバーチャル空間で再現します。

12月6日にグランドオープン予定で65年の歴史を往来する、リアリスティックで没入感のあるヴァーチャル空間を構築。自由自在に回遊できる3D空間には、本邦初公開となる当時の建築スケッチ、写真、音源などの秘蔵資料をギミックたっぷりに楽しめるオンラインギャラリーや、現在の味園ユニバースをツアーできるMatterportギャラリーなどが展開されます。

COSMIC LABは「大阪・ミナミ・千日前・ユニバース。ローカルの極地から宇宙へ。千日前とユニバースの間にある特異点(・)は此処に居る我々自身を顕していて、自身のインナースペース(心の中、夢の中)こそが宇宙への入口なのだと、このビルは語りかけていた。このビルの先人たちの『目にしたい現実は自分たちで創り出してみる』というDIY精神を受け継いだ今、少し先の未来を投影する想像空間として、味園ユニバースを新たな宇宙・メタバースへと拡張させる」述べています。

こうした歴史的建物は、各地で保存運動が起きていますが、建物の老朽化や運営における経済的理由で次々と姿を消していっています。今後はこうしたメタバース空間を活用し、NFTを活用したアイテム販売などで収益をあげ、リアルと共存する例が増えていくかもしれません。

UNIVERSE 1956 –
https://www.universe1956.com/

あわせて読みたい
【メタバースの概念】今話題のメタバースって何?VRとの違いは? メタバース(metaverse)という言葉をご存じですか? フェイスブックが社名を『メタ』に変更して以来、急にこの言葉をよく耳にするようになりました。 「メタバースって一...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる