セロリの効能がすごい!ダイエットやストレス解消まで、健康維持食材

まさに食べるアロマ⁉

好き嫌いが別れる食材のセロリは、美肌と健康に持ってこいの食材です。

セロリは美容効果の高い栄養素が多く含まれてることに加え、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多いことからダイエット食としても人気が高いです。

今回は美容の味方であるセロリが持つ効果効能、新鮮なセロリの特徴、長持ちする保存方法などをご紹介致します。

目次

セロリが持つ効果・効能

独特なニオイ、味が特徴であるセロリ。

そんなセロリは驚くべき4つの効果・効能が期待できます。

ストレス解消

セロリがもつ独特な香りは、精神を落ち着かせる効果があります。

あの香りの正体はセロリの茎や葉に含まれている『アピイン・セネリン』という香気成分です。

これら2つの成分は、不安感・イライラ・頭痛・耳鳴りなどを和らげる力があります。

炒める、茹でるだけでなく、柚子を浮かべることと同じ感覚で入浴剤として使っても同様の効果が期待できます。

適度な大きさにカットした茎や葉を、お茶パックやガーゼといった布袋に詰め、湯船に浮かせます。

これだけで、リラックス・精神が落ち着き質の高い睡眠へ導いてくれます。

美肌・健康作り

セロリに含まれている『ビタミンC・ビタミンE・βカロテン』は抗酸化作用が強い栄養素です。

抗酸化作用には、ガンや老化、生活習慣病などを予防する働きがあります。

この抗酸化対策は、ビタミンCとビタミンEを同時に摂取することでより高い効果を得ることができます。

セロリにはビタミンC・Eがバランスよく含まれているので、健康体を作るのに持ってこいの食材と言えます。

さらにβカロテンは体内でビタミンAとして働くことで、アンチエイジング・ニキビ予防・視力維持などに効果を発揮します。

βカロテンは体の成長と健康維持を促進させる効能もあることから、子供も大人も必要不可欠な栄養成分となっています。

便秘解消

セロリは食物繊維が豊富な食材の1つです。

また食物繊維の中でも、腸を刺激し内容物を移動させる動きのある不溶性食物繊維が多いので便秘を解消してくれます。

腸内環境が整うことで便秘解消だけでなく、免疫力向上、糖尿病、生活習慣病などのリスクを低減させる効果もあります。

血行促進

セロリの葉は血行促進、茎には生理不順改善に効果があります。

葉に含まれている『ピラジン』という成分には血液をサラサラにする効果があり、ビタミンEと合わさることでさらなる効果効能が期待できます。

血液の流れが正常に戻ることで、更年期障害の緩和、疲労回復、肩こりや腰痛の緩和などに効果的です。

また塩分を排出させる効果もあるため、むくみ対策としても期待できる食材となっています。

さらに茎の部分には『アピリオール』が含まれており、生理周期を修復する作用があります。

生理不順で悩んでいる方はぜひ食事にセロリを取り入れてみてください。

美味しいセロリの選び方

どんな食材でもそうですが、せっかく買うのなら新鮮で美味しい物を買いたいですよね。

セロリの新鮮さの見分け方は、以下の項目を参考にしてみて下さい。

【葉】

  • 濃い緑色
  • ハリ・ツヤがある

【スジ】

  • 縦にしっかりと入っている
  • くっきりと出ており、内側のくぼみが狭い

【茎】

  • 20㎝以上ある
  • 太く肉厚
  • 白い色

国内産のセロリのほとんどは、長崎県、静岡県、福岡県の3県で生産されます。

基本的に1年中出荷されるセロリですが、その中でも特に美味しく食べれる時期は11月~5月(冬から春)となっています。

長持ちするセロリの保存法

セロリはそのまま冷蔵庫に入れて保存をしているとすぐに、しんなりと萎れてしまいますよね。

また他の野菜に比べ、水切れの早い野菜なのでなるべく早く食べきりたい食材でもあります。

そこで簡単にできる長持ちする冷蔵での保存法と、冷凍での保存法をご紹介します。

冷蔵の保存法

新鮮さを長持ちさせるためには、葉と茎を切り離しましょう。

新聞紙や保存袋などで分け、野菜室へ『立てて』保存してください。

このときに、濡らしたペーパータオルなどで包んであげて、保存袋へいれるとモチがアップします!

セロリだけでなく、野菜全般は収穫前と同じ姿勢で保つと長持ちすると言われています。

また茎がしんなりとしてきたら、根元を冷水につけることでシャキシャキ感が戻ります。

葉はおおよそ4日、茎は6日ほど持ちます。

冷凍の保存法

冷蔵時と同じく葉と茎を分けたのち、葉は粗みじんきり、茎は斜め切りなど切り分けましょう。

葉は保存袋が平らになるように入れ、できるだけ空気を抜きます。

茎はラップで小分けにして保存袋へ入れます。この時も空気がなるべく入らないようにしましょう。

ラップで小分けにすることによって、切断面が空気に触れる確率が減るので、美味しさを長持ちできます。

こちらの方法で約1か月ほど美味しく保存可能です。

凍ったまま茹でる炒めることで美味しくセロリを食べられます。また冷凍するとセロリの独特な香りが弱くなるので香りが苦手という方にもお勧めです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる