米初の市によるビットコイン採掘開始へ。テキサス州フォートワース

テキサス州第5の都市フォートワースは、アメリカの市として初めて暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)のマイニングに参入することを市議会で正式承認しました。

声明によると、フォートワースは今回のマイニングプロジェクトに関して、テキサスに拠点を置くテキサス・ブロックチェーン協議会(TBC)と提携。フォートワース市役所にある情報技術ソリューション部のデータセンターの空調管理された場所に、マイニング用のコンピューター3台を設置するとのこと。

フォートワース市のマティー・パーカー(Mattie Parker)は「これらの小さいながらも強力なマシンは、フォートワースがテクノロジーとイノベーションの主要拠点となるための大きなコミットメントを示すものです」とコメント。

またテキサスブロックチェーン協議会の創設者であるリー・ブラッチャー(Lee Bratcher)氏は「フォートワースは、小さく始めて学びながら、テキサスのビットコイン・マイニングの中心地となるべく成長していく」と述べています。

昨年、中国がマイニングに関する規制を発表した後、アメリカはマイニングのシェアが伸びており、中でもテキサスは安価な電力によってマイニングに適していることから、マイニングの新たなハブ地として注目されています。フォートワースによる後押しで、今後さらにマイニングをおこなうマイナーたちが注目することが考えられます。

あわせて読みたい
ビットコインの採掘マシン、無残な姿になる理由とは? 一攫千金しようと仮想通貨(暗号資産)のマイニングに熱狂しすぎた結果、逮捕され大損してしまった事件がマレーシアでおきました。 【マイニングマシンが重機で破壊され...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる