約27億円!人気NFT「クリプトパンク」で史上最高額

人気のNFTコレクション「クリプトパンク(CryptoPunks)」シリーズの#5822が、約2,300万ドル(約27億円)で売却されたことがわかりました。クリプトパンクの売却価格としては、史上最高額になります。

クリプトパンクは、カナダのソフトウェア開発者マット・ホール氏(Matt Hall)とジョン・ワトキンソン氏(John Watkinson)が設立したニューヨークの企業ラルバ・ラボ(Larva Labs)が、2017年に発表したNFTアートシリーズ。

アルゴリズムで生成された24×24ピクセルのキャラクターが10,000点あり、1つとして同じものがなく、特徴的なデザインのNFTアートになっています。

今回取引された#5822は、10,000点あるシリーズの中で9つしかないエイリアンをモチーフにしたもので、エイリアンが青いバンダナを巻いている作品。同作品が最後に取引されたのは2017年7月で、当時の価格は1,646ドル(約19万円)でした。

購入者は、ブロックチェーンのテクノロジー会社チェーン(Chain)のCEOであるディパク・サプリヤル氏(Deepak Thapliyal)。クリプトパンクにおけるこれまでの最高売却額は、2021年6月の「サザビーズ(Sotheby’s)」オークションで売却された#7523の1,170万ドル(約13億6,000万円)。

サプリヤル氏は今回のNFT購入にあたり、DeFi(分散型金融)レンディングプロトコルのコンパウンド(Compound Finance)を利用して得た資金を利用したとツイートしています。

サザビーズは2月23日にNFTに特化したオークションを開催し、そこで1人の匿名コレクターが所有する104点のクリプトパンクをシングルロットとして出品し、オークションにかけるとのことで、予想落札価格は2,000万ドル〜3,000万ドル(約23億円〜35億円)となっていました。シングルロットの出品になるため、単一作品としての売却額は#5822に及ばないものの、予想落札価格が的中すれば、クリプトパンク売却に関する新たなニュースとなるところでしたが、出品中止となっています。

あわせて読みたい
ジャスティン・ビーバー、1億5千万円で涙目な猿のNFT[BAYC]を購入 猿のイラストのNFTコレクション・Bored Ape Yacht Club(BAYC)の1つを、アメリカの歌手ジャスティン・ビーバーが購入したことがわかりました。購入価格は500ETHで、BAY...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる