分散型のビットコイン取引所、J・ドーシーが設立へ

Twitterの創業者で、米・スクエアのジャック・ドーシーCEOは、暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)の分散型取引所を設立することについて言及しました。

ドーシー氏は今年7月に「“管理者不要で、許可を必要とせず、分散型の金融サービスを簡単に作れる”ことを唯一の目的に、オープンな開発者向けプラットフォーム構築に注力した新しいビジネス」としてTBDを立ち上げていました。

TBDのプロジェクトリーダーでもあるマイク・ブロック氏は「私たちは、ビットコインがインターネット上のネイティブな通貨になると信じています。インターネットをより非中央集権的にするためのプロジェクトは数多くありますが、私たちが注目しているのは、すべての人に健全なグローバル通貨システムを提供することです」とビットコインへの思いに言及。

さらに「TBDはオープンソース、オープンプロトコルで、どんなウォレットでも使用することができます。TBDが管理する基盤やガバナンスモデルはありません。許可もいりません」と述べました。

ドーシー氏のビットコインにかける思いはより強固なものになっていることがわかります。ビットコインまわりのさらなる動きに注目です。

あわせて読みたい
Twitter創業者J・ドーシーがビットコイン特化の新会社設立へ 電子決済大手・スクエアのジャック・ドーシーCEOは、ビットコインに特化した新会社を立ち上げるとTwitterで発表しました。 https://twitter.com/jack/status/1415765941...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる