AP通信が「報道写真」のNFTマーケットプレイスをローンチへ

ニューヨークに本部を置くAP通信は、報道写真のNFTマーケットプレイスをローンチすると発表しました。ブロックチェーンPaaSを提供するアメリカのXooaと連携して、Polygonで同社の報道写真をNFT化するとのこと。

マーケットプレイスは1月31日にローンチ予定で、最初のNFTコレクションは、現役および元APフォトジャーナリストによる写真と、彼らの作品をデジタル処理したものになります。宇宙や気候変動、戦争など題材は多岐にわたっていて、中にはピューリッツァー賞を受賞したAPの画像も含まれるとのこと。

各NFTには、撮影日時、撮影場所、撮影機材、技術設定などのオリジナルメタデータが含まれ、コレクターに認識させることもできます。AP通信によると「非営利のニュース協同組合として、収益は事実に基づいた偏りのないAPジャーナリズムの資金に還元される」とのこと。

二次市場での取引やクレジットカードによる購入、MetaMaskなどの暗号ウォレットにも対応し、Fortmatic、Binance、Coinbaseにも今後対応していく予定です。

Xooaのマーケットプレイス責任者であるZach Danker-Feldmanは「XooaはAP通信と協力してAPのNFTマーケットプレイスを立ち上げることができ、誇りに思っています。NFTとメタバースマーケットプレイスに関するブランドとの取り組みは、コレクターに固有の希少性と実用性を提供するとともに、仮想世界と現実世界との間の強力な結びつきをもたらします。今回のマーケットプレイス展開では、あらゆるタイプのコレクターが、素晴らしい写真への関心を共有するコミュニティに参加できるように、アクセス性を重視しています」と述べています。

あわせて読みたい
経産省、NFTの国内実証実験を実施へ。二次流通への展開も 経済産業省が22年2月頃より、ファッション分野でNFTの国内実証実験を行うことがわかりました。今回の実証実験は、アート関連のブロックチェーン事業を手掛けるスタート...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる