スケボー金メダリスト・堀米雄斗、限定スポーツNFTをリリース

香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedが、コレクタブル・クリエイティブ・プラットフォーム「FWENCLUB」にて、スケートボードチャンピオン堀米雄斗選手の世界1点限定となるデジタルIPライセンス付きNFT「The Golden 22」を1月11日より5日間限定で販売しました。

今回販売されたThe Golden 22は、当時22歳の堀米選手が2021年に出場した「WORLD CHAMPIONSHIP」と「2020年東京五輪」において優勝した栄光の瞬間を、3DデジタルスカルプチャーにてNFT化したもの。

The Golden 22は、KAWS、FUTURA2000、Nina Chanel Abney、Huang Yuxingなど100名以上の国際的現代アーティストと提携しているAllRightsReservedが立ち上げたFWENCLUBよりリリースされるスポーツNFTです。

The Golden 22の所有権には、すべてのデジタルフォーマットのライセンスが含まれるだけでなく、デジタルスカルプチャー本体に加え、堀米選手のアバター3Dソースファイルが付属されています。所有者は、The Golden 22と所有権に含まれるソースファイルを使用し、堀米選手のアバターやデジタルスカルプチャーをメタバース、ビデオ、アニメーション、ゲーム、アート、デジタルグッズ、コレクターズアイテムなど、あらゆるデジタルワールドで無限に使用できる権利を得られます。

3Dスカルプチャーはメタバース対応型のため、メタバースで新しいデジタルアートを展示し、新たなオーディエンスと交流を持つことが可能になります。

堀米選手はThe Golden 22の発売にあたり「22歳は、これまでの人生で最高の年でした。これを記念して、FWENCLUBと組んで、私の初めてのNFTをリリースします。この作品は、私が世界大会で優勝するのに貢献したトリックと、今年の特別な瞬間を捉えたデジタルスカルプチャーです。The Golden 22の所有者の方は世界に1つだけのデジタルバージョンの私を所有し、一緒にメタバースに行くことが可能になるのです。この素晴らしい年に別れを告げるにあたり、自分の功績をすべて記録し、世界と共有できることをとても嬉しく思っています」と述べています。

あわせて読みたい
パ・リーグがNFT事業に参入!メリカリと連携して試合映像等を販売 メルカリと、プロ野球のパ・リーグのネット配信サービスなどを手掛けるパシフィックリーグマーケティング(PLM)が連携、パ・リーグ6球団がNFT事業に参入することがあき...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる