経産省、NFTの国内実証実験を実施へ。二次流通への展開も

経済産業省が22年2月頃より、ファッション分野でNFTの国内実証実験を行うことがわかりました。今回の実証実験は、アート関連のブロックチェーン事業を手掛けるスタートバーンと行います。

今回の実証実験は11月15日に経済産業省商務・サービスグループクールジャパン政策課が令和3年度「展示会等のイベント産業高度化推進事業(展示会等における流通・取引の高度化実証事業)」として公表されていました。

実証実験では、デザイナーが制作した1点ものの洋服をNFTとし3Dデータ化し販売するような形で行われるようで、販売のプラットフォームなどは未定とされています。

具体的には、ファッションアイテムの実物にNFTを付与、またそのファッションアイテムの3DCGデータのNFT、そしてファッションアイテムの実物を自分自身の3D写真に合成した画像データのNFTといった3種類のケースが販売されるようです。

また今回の実証実験はNFTの発行だけにとどまらず、最終的に二次流通に関しても実証実験が進められるようで、二次流通事業者と連携しながら、二次流通の流通網も構築するとのこと。

たとえば、ファッションアイテムの実物にNFTを付与したものでは、二次流通時に元の制作者へ還元金が送られたり、ファッションアイテムの3DCGデータでは、購入したデータをメタバース空間にある自分のアバターに着せることができるようになるそう。現状ではどのメタバース空間で行われるかは検討中とのことで、汎用的なデータ拡張子あるいは複数の形式で提供して、さまざまなメタバース空間で使用できるようにしたいと考えているそうです。

経済産業省により実証実験がはじまることで、今後さらにNFTならびにメタバースの動きが活発化していきそうです。

あわせて読みたい
実物も手に入る、NFT化スカジャン販売へ スカジャンのファッションブランドであるジャパンジャケットから、実物のスカジャンをセットにしたデジタルコレクティブスカジャンNFTが発売されることがあきらかとなり...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる