スクエニ、The Sandboxと提携「Dungeon Siege」をメタバース展開へ

The Sandbox日本語公式ブログより

ブロックチェーンゲームのThe Sandboxは、国内ゲーム大手のスクウェア・エニックス(以下、スクエニ)と提携してRPGゲーム「Dungeon Siege」をThe Sandboxにて展開すると発表しました。

The Sandboxによると、スクエニがThe Sandbox内に「Dungeon Siege」専用のLANDを購入。LAND内でインタラクティブなRPG体験を展開するとのこと。また「Dungeon Siege」のボクセルキャラクターやアイテムを、The Sandboxの無料制作ツールVoxEditとGame Makerを使って、プレイヤーやクリエイターが独自の体験に取り入れることができるようになるとのことです。

「Dungeon Siege」は2002年にGas Powered Gamesが発表したRPGゲーム。中世のある王国を舞台とし、若き農夫とその仲間たちが侵略軍を倒すために旅をするこのシリーズです。その後スクエニが買収し、2011年には最新作となる「Dungeon Siege III」を発表。シリーズ累計で170万本以上のセールスを記録しています。

スクエニとThe Sandboxとの関係としては、The Sandboxの開発を手掛けるAnimoca Brandsが、スクエニやBcryptoらから約200万ドル(約2.2億円)の出資を受けた経緯があります。ただし、スクエニがThe Sandbox内にメタバース参入するのは今回が初の事例となります。

スクウェア・エニックス ビジネス・ディベロップメント・ディレクターの上原氏は「Dungeon Siegeは常に冒険心を掻き立てる作品であり、The Sandboxのメタバースに参入し、プレイヤーが自分だけの冒険を作り出せるようになることは、フランチャイズの新しい章を開くものです。Dungeon SiegeがRPGファンのインスピレーションによってThe Sandboxに命を吹き込まれることを楽しみにしています」とコメントしています。

あわせて読みたい
The Sandbox、アルファシーズン2を発表 メタバース上の不動産取引が話題となっていますが、その代表的な存在であるブロックチェーンゲームの「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」が、アルファシーズン2(ALP...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる