The Sandbox、アルファシーズン2を発表

メタバース上の不動産取引が話題となっていますが、その代表的な存在であるブロックチェーンゲームの「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」が、アルファシーズン2(ALPHA SEASON 2)のローンチ予定を発表しました。

The Sandboxは、イーサリアムのブロックチェーン上で構築されたメタバース空間のブロックチェーンゲームです。The Sandbox上でプレイヤーは、仮想空間の土地を購入し、それを直接販売したり土地開発を行って二次流通させるなど自由に遊ぶことができます。いわゆるGameFiの分野では代表的な存在となっており、近年取引が加熱化。高額な取引例も多くなってきており、メタバースの分野でも注目されています。

今回ローンチ予定とされているアルファシーンズ2は、3月3日に開始予定。2021年末には、シーズン1のアルファ版をローンチして「The Sandbox Metaverse」の体験機会提供していました。シーズン2ではアカウントを持つ全てのユーザーに提供予定。シーズン1からアップグレードされた18体験のほか、5つの最新体験や4つのユーザー構築の「GameMakerFundexperiences」体験、3つの新IP体験など、35以上の体験を提供するとのこと。

今回はMacOsにも対応し、さらにシーズン1で必要だったアルファパスも不要とのことで、ユーザーのさらなる拡大が見込めそうです。

新IP体験については、The Sandboxでランド(仮想土地)を保有する米著名ラッパーSnoop Doggが「Snoopverse」で自身のNFTコレクションを展示するなどのイベントも実施されます。

前述の通り今回のシーズン2では、アルファパスは不要とのことですが、アルファパスのNFT「Season 2 Alpha Pass」は発行予定。パスを持つユーザーには、最大1,000ドル分のSANDトークンを獲得する機会が与えられます。パスについては複数のチャレンジによって抽選券を得る必要などがあり、シーズン2の終了日となる3月31日以降当選者にEメールにて通知されるとのこと。

あわせて読みたい
メタバース不動産売上、2021年は5億ドル超 昨年(2021年)のメタバースにおける不動産売上は5億100万ドルに達し、今年は2倍になる可能性があるとCNBCが報じました。 MetaMetric Solutionsは、TheSandbox、Decentr...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる