メタ、レイバンストーリーズ等を試せる実店舗「Meta Store」オープン

Facebookを運営するMeta(以降メタ社)が、メタバース関連製品を試用できる実店舗「Meta Store」をオープンすることを発表しました。場所はカリフォルニア州バーリンゲームで、オープンは5月9日。

同店舗では、メタ社のビデオ通話端末「ポータル」や、VR端末の「Meta Quest 2」のほか、サングラスで有名なレイバンと提携して開発したスマートグラス「レイバンストーリーズ」などを実際に使うことができるとのこと。

レイバンストーリーズは1種類ではなく様々なスタイルやカラーバリエーション、レンズの種類も複数用意。Meta Storeではレイバンストーリーズをつかって実際に映像を記録したり、共有する体験ができます。スマートグラスに注目が集まる中で、メタ社による実店舗での試用体験はかなり注目を集めそうです。

Meta Storeの店舗責任者は「実店舗をにって、様々な実験が行なえ、顧客体験を製品開発の中心にすることが可能となる。店舗で学ぶことは将来の小売戦略を形作る上で役立つ。私たちの製品がメタバースにアクセスするのにどのように役立つかを知ってもらいたい」と言います。

またメタ社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は「私たちの製品がどのように人々をつないでいるのか、またメタバースに向けてどのようなことができるのかを知るのに、とても良い方法だと思います」と自身のInstagramに店舗の様子を添えてコメントしています。

メタ社によるメタバース戦略はますます色が濃くなっていて、同社が手掛ける「Horizon Worlds」は現在アメリカとカナダのみでのサービス展開ですが、すでに収益化の仕組みづくりも進められています。他社と比較するとメタバース自体は現状でやや遅れをとっていますが、Meta Questシリーズなど、デバイスの開発も手掛けるメタ社が猛追することは必至です。今回の実店舗オープンは、さらなる後押しとなることが予想されます。

あわせて読みたい
【メタバースの概念】今話題のメタバースって何?VRとの違いは? メタバース(metaverse)という言葉をご存じですか? フェイスブックが社名を『メタ』に変更して以来、急にこの言葉をよく耳にするようになりました。 「メタバースって一...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる