マドンナ、ビープルと「母性」をテーマにコラボNFTリリース

歌手のマドンナ(Madonna)が、デジタルアーティストのビープル(Beeple)とのコラボレーションNFTコレクション「創造の母(Mother of Creation)」をリリースしたことがわかりました。

ビープルは、アメリカ・ノースカロライナ州を拠点に活動するグラフィックデザイナー。本名はマイク・ウィンケルマン(Mike Winkelmann)。2007年5月から1日1枚ずつ描き続けているデジタルドローイング集「Everydays(エブリデイズ)」シリーズで知られています。

最も有名な作品は、2021年にクリスティーズのオークションにて6,930万ドル(当時のレートで約78億円)で落札されたNFTアートの「Everydays: The First 5,000 Days(エブリデイズ:最初の5000日)」。同作はこれまでに販売された単一のNFTとして、過去最高の販売額を記録しています。

今回リリースされたマドンナとビープルのコラボレーションNFTコレクション創造の母は、母性をテーマにした3種類各1個限定の動画作品。

母性と植物をテーマにした「自然の母(Mother of Nature)」、母性と動物をテーマにした「進化の母(Mother of Evolution)」、母性と技術の進歩をテーマにした「テクノロジーの母(Mother of Technology)」で、いずれもマドンナの体を3Dスキャンして生成された作品になっています。

創造の母コレクションはNFTマーケットプレイス「スーパーレア」でチャリティーオークションとして出品され、収益金は3つの非営利団体「公益財団法人ボイス・オブ・チルドレン」「ナショナル・ベイルアウト」「シティ・オブ・ジョイ」に寄付されるとのこと。

また、チャリティーの一環として暗号資産(仮想通貨)決済プロバイダのムーンペイも、30万ドル(記事執筆時のレートで約3,900万円)を前述した3つの非営利団体に寄付するそうです。

マドンナはプレスリリースで「1年前にマイクとの共同制作プロジェクトを決めた時、母親であり、アーティストでもある自分の世界観を、マイクの視点を通して発表できることがとてもうれしかった。女性から子どもがこの世に誕生し、アーティストが作品を産み出す。それらの創造という概念を掘り下げたいと考えた」とコメントを発表しています。

あわせて読みたい
マドンナ、人気NFT「BAYC」を約6,900万円で購入 歌手のマドンナ(Madonna)が、人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の#4988を180ETH(購入時価格で約6,900万円)で購入したことがわかりました。 BAYC...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる