LINE Payで独自の暗号資産がつかえる「LINK支払い」提供開始

LINEのモバイル送金・決済サービスのLINE Payが期間限定で、LINE独自の暗号資産(仮想通貨)LINKでの支払いが可能になる「LINK支払い」の提供を試験的に開始することを発表しました。

「LINK」は、LINEが暗号資産事業のLVCの参加であるLINE TECH PLUS PTE. LTD(LTP)を通じて、独自開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain」を用いて発行する暗号資産で、サービス成長に貢献したユーザーに向けたインセンティブとして還元する目的で誕生したもの。

「LINK支払い」の提供開始により、対象となるLINE Payのオンライン加盟店での支払いにおいて、ユーザーが「LINE BITMAX」上に保有する「LINK」での支払いが2022年3月16日より可能となります。試験期間は2022年12月26日まで。ユーザーは、LINEポイントの利用と同様にLINKでの支払いを選択できるようになります。またサービスの提供開始に伴い、LINK支払いに対して10%(還元上限5,000円相当/月)のLINKリワード還元特典も行われるとのことです。

LINE BITMAXは、LINE上から利用できる暗号資産取引サービスで、LINE BITMAXではLINKを含む暗号資産を売却後に所定の手数料を支払うことで、LINE Payの残高や銀行口座に出金し、決済に利用することが可能です。今回、LINE Payの利用時にLINK支払いを直接選択できるようになったことで、手数料がかからずにLINKによる決済が可能となります。

今回はあくまでも試験的とはいえ、独自暗号資産の取り組みが今後どうなっていくのか、非常に注目の動きとなりそうです。

あわせて読みたい
LINE NFT、22年春提供開始へ。日本円決済などサービス拡充 LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVCは、現在提供中の「NFTマーケットβ」の機能を拡充したNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」を来春に...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる