本田圭佑、NFTコレクション「FLOWER LOLITA」プロジェクトに参画

NFTコレクション「FLOWER LOLITA」プロジェクトに、プロサッカー選手兼監督・起業家の本田圭佑が立ち上げた投資ファンド「KSK Angel Fund LLC」に、投資家兼Co-Founderとして参画することがわかりました。

FLOWER LOLITAは、一つ一つの表情や装飾品が異なる6,666個のパーツからなるジェネラティブNFTコレクション。NFT発売を皮切りにブロックチェーンゲームや3Dアバター作成など、さまざまなプロダクトをローンチ予定であり、著名人をチームに加え、プロジェクトの発展を加速させるそう。

FLOWER LOLITAを購入することでチャットサービスDiscordへの参加し、暗号通貨とブロックチェーン技術の未来を信じる投資家と、NFTファンの集団に加わることができます。

プロジェクトに参画する本田圭佑の存在は、コミュニティの活性化において影響が大きく、今までNFTやブロックチェーンといった領域に接点のなかった人々に認知を広げ、接点を持ち、コミュニティ参加のきっかけになるでしょう。

本田圭佑はプロジェクトの参画にあたり、「日本の文化として定着しているアニメや漫画はNFTとの親和性も高く、日本が勝てる可能性が高い領域だと思っています。FLOWER LOLITAプロジェクトはコンテンツ力が最大の魅力で、世界とも勝負していけると思っています。そしてWeb3はこれからさらに盛り上がっていくと確信しているので、先ずはNFTの領域から世界に挑戦していく姿勢に期待しています!」とコメントを発表しています。

5月22日より販売開始で販売価格は優先販売が0.05ETH、一般販売が0.07ETHとなっています。

FLOWER LOLITAは、国内発のジェネラティブNFTコレクション「Love Addicted Girls」「CryptoNinja」とのパートナーシップを発表。FLOWER LOLITAのチームメンバーである石川淳氏は「ALL JAPANで世界で戦うぞ」と述べており、今後の動向が注目を集めています。

あわせて読みたい
加山雄三、85歳生誕記念で「お嫁においで」デモ音源をNFT化 加山雄三が85歳の誕生日を記念し、名曲「お嫁においで」の貴重なデモ音源を使用したNFTを発表しました。 「お嫁においで」は、1966年6月15日に発売された加山雄三の楽曲...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる