ナイキとコラボバーチャルスニーカーを発表!NFTブランドRTFKT

ファッションやスニーカー分野のNFTを扱うRTFKT(アーティファクト)が、親会社であるナイキ(NIKE)とのコラボNFTスニーカー「Cryptokicks」を発表しました。

RTFKTは、2020年1月に設立されたファッションやスニーカー分野のNFTを扱うブランド。デジタルアーティストFEWOCiOUSと制作した約3.2億円のバーチャルスニーカーが7分以内に完売するなど、NFT化されたメタバース・ファッションを代表するブランドとして知られ、2021年12月にナイキが買収すると、両社の動向が注目されていました。

2022年2月、RTFKTとナイキはNFTマーケットプレイスのOpenSeaにて、メタリックキューブ型のNFTコレクション「RTFKT-MNLTH」を販売。これまでキューブの中身は非公開とされていましたが、今回の発表でRTFKTとナイキがコラボした初のNFTスニーカーCryptokicksが格納されていることがわかりました。

Cryptokicksはナイキの人気スニーカーであるダンク(Dunk)のシルエットをもとにデザインされ、ユーザーは8つのスキンを選びカスタマイズができるとのこと。今後も続々とリリースが予定されており、早ければ来月にも第2弾が発表されるそうです。

ナイキはオフホワイト(Off-White™)や藤原ヒロシ氏が率いるフラグメントデザイン(fragment design)、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)氏など、ジャンルを問わずさまざまなブランド、クリエイターとコラボすることで、多くのスニーカーヘッズを魅了してきました。

今回発表されたRTFKTとのコラボスニーカーをきっかけに、これまでNFTやメタバースに接する機会のなかったスニーカーヘッズが、リアルなスニーカーと同様に希少価値の高いNFTスニーカーを入手するため、一喜一憂する姿が見られることでしょう。

あわせて読みたい
【バーチャルスニーカーとは?】ナイキ、アディダスなどが参戦!NFTがファッションの市場を変える! 次世代のビジネスとして注目を集めているNFTやメタバース(仮想空間) 特に、仮想空間内で自身のアバターに身に着けることのできる『スキン』は人気のNFTアイテムです。 ...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる