Joyfa、NFTスニーカーをCoincheck NFT(β版)で取引開始へ

デジタルファッションハウスのJoyfa(ジョイファ)の提供するNFTスニーカーが、2022年6月9日からCoincheck NFT(β版)にて取引開始となることがあきらかとなりました。

Joyfaは”Bring Joy To Fashion” (ファッションに新しい楽しさをもたらす) をミッションに、デジタル上に存在するファッション(デジタルファッション)のエコシステムを開発する会社です。AR・AI・NFTといった最先端技術を活用し、デジタルスニーカーのエコシステムを構築しています。2022年6月には、iOSアプリのローンチを予定しています。

今回、Coincheck NFT(β版)において取引可能となるNFTスニーカーは「Diamond Walk 1 -Vitamin Color」および「Blue Steps 1 」。これらは、Joyfaが独自で提供するブランドのNFTスニーカーです。

JoyfaのNFTスニーカーは、動画ファイルに加えて、MayaやUSDZの3Dデータが付随したもので、今後リリースを予定しているARアプリにおいてデジタル上での着せ替えやInstagram連携による着せ替え画像の投稿等が可能となる予定とのこと。

「Diamond Walk 1 -Vitamin Color」は、「ダイヤモンドと歩く楽しさ」をブランドコンセプトに掲げた『Diamond Walk』のコレクションのひとつで、ダイヤモンドが敷き詰められたデザインとビタミンカラーが印象的な作品です。今回の発行数は20足となっています。

また「Blue Steps 1」は、古代ギリシャの哲学者エンペドクレスの「すべての物質は水・火・空気・土の4つの元素から構成されている」という説から着想したブランド・Gensoの最初の作品。「Blue Steps 1」は、水を表現したデザインで、発行数は30足となっています。

Coincheck NFT(β版)で取引されるのは、Ethereum上で発行されているNFTのみで、Polygon上で発行されている、Diamond Walk 1のBlack・White・Cherryは該当しないとのこと。

NFTスニーカーはスポーツメーカーをはじめ、様々なジャンルの会社からまさに玉石混交の状態でリリースが相次いでいます。また「STEPN」のようなMove to Earnと呼ばれる、収益が得られるNFTスニーカーアプリなども話題になっています。今後有名メーカー以外のNFTスニーカーが、どのように資産価値を高めていくかが注目です。

あわせて読みたい
スニーカーNFTで稼ぐ「STEPN」その仕組みとは? 「Move to Earn」と呼ばれるコンセプトのWeb3ゲームが注目を集めています。今回はその中でも、SNSを中心に話題になりユーザー数を増やしている「STEPN(ステップン)」...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる