【一人暮らし】安全な水を安く楽しむ浄水ポット【楽々片付け】

自宅で安全でおいしい水を気軽に飲みたくありませんか?

昨今では健康や安全の為に浄水器を設置を検討する方が増えています。

その他にも在宅勤務が推奨されるなか、自宅で飲み物を飲む事も増えているのではないでしょうか。

浄水器があれば手軽においしい飲料水が手に入れることができます。

重たいペットボトルの水を購入する手間が省けるうえに買い忘れて困ることもありません。

一人暮らしの方ですと手軽に使える『浄水ポット』をオススメします。

今回はなぜ一人暮らしの方にオススメなのか、その他の浄水器やウォーターサーバーとの比較など選ぶ際のポイントを紹介します。

目次

浄水器は必要?

安全性をより求められるようになった昨今では、浄水器を使用するのをオススメします。

日本は水道法という法律に基づいて水道水の品質と安全性が管理されているので、家庭の蛇口から出る水は飲料水に適しています。

ですが地域によってはニオイや口当たりに違和感を覚えることもあります。

これは、水道水に混入した塩素の残留物によるカルキ臭や、水道管を通ってくる過程で付着するカビ臭やサビ、鉛などの不純物が影響しているためです。

これらの対策物質は少量であれば人体に害がないことがほとんどですが、不純物が混入してしまうとまずく感じてしまう事もあるので、よりおいしい飲水を確保するには浄水器を使用するのをオススメします。

浄水ポットとは

浄水ポットといえば食卓などで飲料水やお茶などの飲み物を入れておきコップなどに注ぐ給水ポットのようなイメージではないでしょうか?

浄水ポットとは不純物を取り除くカートリッチが内蔵されています。

カートリッジは水を浄水するためのフィルターのことでおいしい水を作るために欠かせないものです。

水道水をポットに入れるだけで不純物などを取り除き、いつでも気軽に安全でおいしい浄水へと変えてくれるアイテムです。

浄水ポットはカートリッチの交換が必要です。

多くの商品の交換目安はカートリッチ1つで200リットルのろ過が可能で、2ヶ月交換が目安とされています。

中には本体とカートリッチが2つ付いているお得なセットがあるので購入の際、付属のカートリッジの本数も確認しましょう。

なぜ一人暮らしに浄水ポットがオススメなのか

まず一人暮らしの方に浄水ポットがなぜオススメなのかポイントを3つ上げます。

浄水ポットのオススメポイント

  • 蛇口のサイズや形状が関係なく使える
  • 必要なときに5分程でキレイな水が飲める
  • 置型の浄水器がキッチンなどに置けないなどを気にしなくてよい

一人暮らしの方は賃貸にお住まいの方が多いのではないでしょうか。

蛇口取り付けタイプのモノですとお住まいの物件によって蛇口の形やサイズもさまざまです。

もちろん購入の際にしっかり自分の住んでいる蛇口のサイズを確認して購入すれば取り付けタイプの浄水器も良いでしょう。

ですが、サイズ確認などが面倒…と感じる方も多いのでしょう。

浄水ポットなら購入して水道水を入れるだけですぐに使うことができますし、住み替えの時にも次の家の蛇口のサイズを気にする必要がなくそのまま持っていけるのもポイントです。

自分の必要なときに容量にもよりますが必要な量を5分ほど待てばキレイな水を作り飲むことができます。

一人暮らしのお家ですとキッチンのスペースがある程度限られているので、置き型の浄水器を設置できないなども気にする必要がないのも大きなポイントです。

他の浄水器より手軽に購入できる

浄水ポットは手軽に購入でき、非常に便利です。

上記でも説明しましたが、蛇口取り付けタイプですと自分の住まいにちゃんと取り付けられるかやサイズが合っているのかなど気にしながら購入しなくてはなりません。

置型式の浄水器ですとほとんどの商品がキッチン下の配管の接続が必要だったり、種類や商品により工事が必要になる場合があり、工事費も掛かってしまう事もあるでしょう。

浄水器ではないですがウォーターサーバーの場合、設置する際にメーカーとの契約に水の注文ノルマなどもあります。

ウォーターサーバーはお湯も沸かす必要がなくすぐに使えますし自分の好みのお水を選べたりなどメリットも沢山あるでしょう。

ですが手軽に購入することができるかというと、やはり面倒な事が多いです。

その点、浄水ポットは工事や難しい取り付けもなく購入してすぐにおいしいお水が作れるという手軽さは大きなメリットになります。

置き場に困らない

ペットボトルのミネラルウォーターをまとめて購入した際、置き場に困った事はありませんか?

購入の手間を考えるとまとめて購入する方が多いでしょう。

大きなダンボールを置くスペースの事を考えると一人暮らしの間取りにはとても邪魔になってしまいます。

ですが浄水ポットは比較的置き場に困らないのも特徴です。

自分の使っている冷蔵庫のサイズに合わせて購入すれば冷蔵庫にしまっておけますし、そもそも水道水を使うのでまとめ買いをする必要もありません。

その他にも実は、常温のお水を飲むことはとても健康的な習慣と言われており常温のお水は胃腸や内臓といった身体への負担をかけにくいと言われています。

少し話がそれたように思いますが、浄水ポットは冷蔵庫で冷やすこともできますが、常温で飲みたい方はリビングやデスクにと各部屋のどこにでも置けるというところも大きなポイントです。

手入れが簡単

こういった家具家電を購入する時に気になるのはお手入れが簡単にできるかどうかも大切です。

手入れが複雑であれば、せっかく購入しても使わなくなってしまうこともあります。

シンク周りは元々湿気の多い場所なので蛇口取付タイプは気をつけていないとカビが生えやすいと言われています。

そして蛇口だけでなく浄水器本体内部・出水口は常に水分がある状態です。

カビが生えてしまったら歯ブラシなどで細かく掃除しなければなりません。

ウォーターサーバーも蛇口部分をアルコールを染み込ませたふきんや綿棒使って表面・内部を掃除します。

水のボトルの差込口の水分を拭き取りアルコールで殺菌、受け皿部分を中性洗剤を含ませたスポンジで洗うなどしなくてはなりません。

もちろん浄水ポットもお手入れが必要ですが浄水ポットは内部のカートリッチを外せばポット自体丸洗いできます。

食器を洗う要領でお手入れができるので他の浄水器よりもはるかに手入れが簡単です。

その他の浄水器と毎月比較

おいしく安全な飲料水をできれば毎月のコストが安い方が良いのではないでしょうか。

上記で浄水ポットを紹介してきましたがその他の浄水器やペットボトルを購入する場合、毎月どのくらい値段が変わってくるのか今回は一日2リットル水を飲むと過程して金額を紹介します。

水道水以外を飲料水として利用する場合、大きく別けると3つの方法があります。

  • ペットボトルを購入する場合
  • 水の宅配を利用する場合
  • 浄水器を設置する

飲料水のコストが一番安くできるのは『浄水ポット』です。

下記でどうして安いのか表などを交えながら紹介していきます。

ペットボトルの水は日本ブランドの『天然水』海外ブランドの『ナチュラルウォーター』やプライベートブランド商品など、さまざまな商品があり、インターネット上では無名ブランドの商品もたくさん販売されています。

産地・製造方法・ミネラル成分・硬度など各社さまざま種類が豊富なので選択肢が多いでしょう。

2リットルペットボトル1本100円~200円程度です。

これを30日×100円ですと3000円程になります。

水の宅配サービスは、水の品質や成分だけでなくサービス内容やウォーターサーバーの機能などで選ばれることが多いのが特徴です。

ウォーターサーバーを設置した場合、水の値段以外にも、レンタル料・設置料・初回金・解約金、メンテナンス料金などがかかる場合がありますので、トータルで価格面を考えましょう。

上記の料金を含め平均2リットル260円程なっています。

30日×260円程なので7800円の支出です。

浄水ポットは本体を購入し、水道水を入れればおいしく安全な飲料水ができあがります。

ほとんどの商品が1つはカートリッチ付きの値段になっています。本体価格は3000円~5000円程です。

値段で計算しますと2リットルあたり約8円程になります。

30日×8円程なので計算すると240円です。

項目本体価格1ヶ月の費用利点
市販ペットボトルなし3000円程色々な種類お水が選べる
ウォーターサーバーリース7800円程お湯も同時に使用できる
浄水ポット3、4000円程240円程水道水を使用するので値段が安く手軽

上記の表と自分のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

一人暮らしの方や初めて浄水器を置く方は、コストも1番かからない浄水ポットが気軽ではないでしょうか。

おいしい飲料水手に入り、節約にもなるのは大きなメリットです。

浄水ポットのおすすめメーカー

手軽に使えておしいしく安全なお水を作れる浄水ポットですが、メーカーも様々ありどれを選べば良いか迷う方もいるのではないでしょうか。

一人暮らしであれば1リットル前後のコンパクトサイズを選ぶのがオススメです。

メーカーによってさまざまな特徴があるので、今回はオススメの浄水ポットメーカーを紹介します。

クリピーレ

クリピーレを製造販売しているのはクリタック株式会社。

クリタック株式会社は国外に22、世界に17ものグループ会社を持つ超大型グローバル企業です。

クリピーレのカードリッジの浄水容量は非常に大きくカードリッジ1個で300リットルろ過が可能です。

一般的なカードリッジが200L程度ですのでその大容量ろ過できるのは大きなメリットです。

カードリッジも安価ですので1L当たりのコストは今回比較した浄水器で最安です。

トレビーノ

トレビーノを製造販売しているのは東レ株式会社。

現在、日本を含む世界の29カ国・地域で事業を展開しており、日本国内に102社、海外に156社のグループ企業を持っています。

トレビーノの大きな特徴は他の浄水ポットよりろ過の時間がとても短い事です。

30秒でおしいしい飲料水ができあがります。

ですが交換カートリッチが他社メーカーと比べると少々値段が高いのでランニングコストがかかってしまいます。

ブリタ

浄水ポットナンバーワンと言われているのがブリタと言われています。

ドイツに本拠地を置く世界的な浄水器メーカーです。

サイズやデザインなど種類豊富で、浄水性能やカートリッチの価格どれをとってもバランスが良いのが特徴になっています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる