NFT関連企業のDJT、Z Venture・バンダイ・bitflyerから資金調達

ブロックチェーンやNFT関連のサービスを展開するdoublejump.tokyo(DJT)は、ZホールディングスのCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)であるZ Venture Capital、そして暗号資産取引所の運営などを手掛けるbitFlyer Holdings、さらにバンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコライブクリエイティブに対し、それぞれ第三者割当増資を実施したことを発表しました。

double jump.tokyoは、「BRAVE FRONTIER HEROES」など人気ブロックチェーンゲームの開発・運営や、ブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」、NFT事業支援サービス「NFT PLUS」、複数人で秘密鍵管理できるビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite」の提供など、ブロックチェーン領域やNFT領域のサービスを展開する企業です。

Z Venture Capitalは、Zホールディングスのグループ会社であるLINEのグループ会社・LVCとの連携や、LINEの独自開発ブロックチェーン「LINE Blockchain」の活用等、ブロックチェーン領域におけるLINEグループとの協業関係を強化するとのことです。double jump.tokyoの代表取締役である上野広伸氏は「共同でゲーム・エンターテインメント分野におけるNFT市場を一気に広げていけると確信しております」と述べています。

あわせて読みたい
ヤフオク!でNFT取引開始へ。ヤフーとLINEが連携 Yahoo! JAPANと、LINEのグループ会社で暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、二次流通市場拡大に向けNFT事業の領域で連携することを発表しまし...

バンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコライブクリエイティブが属するバンダイナムコグループとは今回の出資を通じて、エンターテインメント領域における新たな価値創造を目指すとのことで、今後は同社が保有する人気IPなどのNFT事業の展開に期待がかかります。

暗号資産取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)を展開するbitFlyer Holdingsとは、bitFlyerの顧客基盤を活用したNFT事業提携、各種コンテンツのNFT発行支援、さらには独自開発したエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」のdouble jump.tokyoのブロックチェーンゲームでの活用などを行っていく模様です。

「世界中にユーザーを抱える暗号資産取引所を運営するbitFlyer グループと、NFTに関する事業について協業することにより、NFT市場の拡大が加速することを期待しております」とdouble jump.tokyoの上野氏。

国内大手企業のNFT関連のニュースでは、楽天やGMOの参入など、連日報道がつづいているような状況です。年末から来年にかけてさらに騒がしくなっていくことが予想されます。

あわせて読みたい
楽天がNFT事業に参入。2022年春スタート、楽天IDで決済可に 楽天グループは、8月30日にブロックチェーン技術を活用した非代替性トークン・NFT(Non-fungible Token)の事業に国内で参入することを発表しました。 今回の発表による...
あわせて読みたい
GMO、NFTマーケットプレイスβ版提供開始 GMOインターネットグループは、非代替性トークン・NFT(Non-fungible Token)の出品・購入ができるマーケットプレイス「Adam byGMO」のβ版の提供を開始したと発表しまし...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる