ヤフオク!でNFT取引開始へ。ヤフーとLINEが連携

Yahoo! JAPANと、LINEのグループ会社で暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、二次流通市場拡大に向けNFT事業の領域で連携することを発表しました。これにより、今冬よりヤフオク!上でNFTアイテムの取引が開始される見込みとなっています。

ブロックチェーンを活用した非代替性のデジタルトークンであるNFT(Non-Fungible Token)は世界的に盛り上がりをみせています。特に今年に入ったあたりから、アート分野などを中心に高額での取引が続き、物珍しさもあって注目されることも増えてきました。

LINEの子会社・LVCは2020年8月よりNFTアイテム等のデジタルアセットを管理できるウォレットの提供や、6月にはNFTアイテムの取引が可能な「NFTマーケットβ」の提供を開始するなど積極的な動きをみせていました。今回発表となったYahoo! JAPANとの連携によって、「LINE BITMAX Wallet」で管理する「LINE Blockchain」基盤で発行されたNFTアイテムを「ヤフオク!」でかんたんに出品・落札できるように開発中で今冬にローンチ予定です。

NFTに関しては、取引において専用のプラットフォームを介して行う必要があることや、仕組み自体の理解がいまいち浸透していないことで、一般ユーザーの利用が促進されにくいのが現状です。今回の連携により多くのユーザーを抱えるヤフオク!内でNFTアイテムの取引が可能になり、さらに加速していくことが予測されます。

また、同様に二次流通の大手であるメルカリもNFTに関連した動きとして、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的にした子会社のメルコインを設立しており、NFTに参入する意向をみせています。今冬にかけて日本でのNFTはさらに盛り上がっていきそうです。

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる