Adobe、フォトショップでNFT付与が可能に

アメリカのソフトウェア企業のAdobeは、同社の人気画像ソフトPhotoshopにNFT付与の機能を搭載すると発表しました。

Photoshopは、写真加工やイラスト作成などで人気のソフトウェアで、プロの現場で長くつかわれているほか、近年はスマートフォン向けのアプリなども提供し、広く普及しています。今回発表されたNFT機能の名称は「Content Credentials」で、先日行われた同社の新製品発表会Adobe MAXのタイミングで発表されました。同機能ではPhotoshop上でIDデータを取得し、メタデータとして保存することができるようになります。これによりNFTマーケットプレイスで自身が制作者であることを証明できるようになるとのこと。

ユーザーはNFTをAdobeアカウントと紐付け、Content Credentialsを暗号資産ウォレットと連携。マーケットプレイスではAdobeにより認証されたデジタル証明書が表示されます。対応するマーケットプレイスはOpenSea、KnownOrigin、Rarible、SuperRareと大手が名を連ねています。

NFTのデータ作成については、クリエイターにとって作業が煩雑であったほか、データを移す際などに盗用される可能性などもあり、制作するソフト自体でNFT付与できることは、クリエイターにとっては待望の機能だったといえます。

事実、Adobeの最高製品責任者であるScott Belskyは、ユーザーによる要望で今回の機能をローンチすることにしたと述べています。現在はβ版での提供ですが、早々に話題になっており、早期の正式ローンチが期待されます。

あわせて読みたい
TikTokがNFT参入「TikTok Top Moments」発表 動画共有SNSのTikTokが、NFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表しました。 今回制作されるのはTikTokで人気のクリエイターが作成したトレンド動画からインスパイ...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる