メタバース「XANA」がDAOMakerで歴代1位となる投資家総額に

Web3メタバースプロジェクト「XANA(ザナ)」が、IDO(Web3型資金調達)プラットフォームであるDAOMaker(ダオメイカー)において資金調達を実施、総資金約86億円分の投資家が参加したことがわかりました。

XANAはNOBORDER.zが開発する、NFTをベースとしたメタバースのプラットフォーム、およびブロックチェーンによるインフラストラクチャー。ユーザーや企業、IPがメタバース上で活動を自由に行えるようさまざまなプロダクトやサービス、テクノロジーを提供。国内向けのコンテンツとして、ULTRAMANや鉄腕アトム×地方自治体などのコラボレーションを発表しています。

あわせて読みたい
『鉄腕アトム』がNFTカードゲーム化!第1弾は鳥取県とコラボ 『鉄腕アトム』のNFTカードゲーム向けのNFTカードの制作が発表されました。今回発表されたNFTカードは、メタバース内で遊べるトレーディングカードゲーム「NFTDUEL」で...

XANAは、現在世界1位のIDOプラットフォームであるDAOMakerで資金調達を実施。50万ドル(記事執筆時のレートで約6,600万円)限定の一般募集枠に対して総計3,648名、総資金約86億円分をDAOMakerにステーキングしている投資家が参加。うち2,576名がXANAの発行するプラットフォームトークン「XETA(ゼータ)」の購入権利を獲得しました。

DAOMakerは総合評価において現在世界で1位のIDOローンチパッドであり、過去に99個のプロジェクトに対して総額約40億円以上の資金調達を実施。今回の資金調達は話題のWeb3ゲーム「STEPN(ステップン)」を超え、DAOMakerの歴代1位となる投資家の総額となり、大きな注目を集めています。

今回のIDOは「DAOラウンド」と呼ばれており、DAOMakerが発行しているガバナンストークンDAOを保有しているユーザー限定で参加できるもの。こちらが6月1日に終了し、同日に「パブリックラウンド」が開始され、オープン後12時間で参加人数が約4,000人、参加者の資産証明総額が約300億円を記録しました。

XANAファウンダーのRIO氏は「企業が提供する従来型のソーシャルメディアではなく、我々が目指すユーザー1人1人が真に所有するメタバースを実現するためには、従来のような株式発行による資金調達手段は相反します。株主となった特定の企業の利益が常時優先されるからです」と述べ、今回の資金調達について「DAOMaker、参加してくれている方々、そして何よりXANAを日頃から支え続けてくれているXANA DAOコミュニティの全員に深く感謝しつつ、これを始まりとして我々の目指す新しい世界へと共に進んでいきましょう」とコメントしています。

あわせて読みたい
スニーカーNFTで稼ぐ「STEPN」その仕組みとは? 「Move to Earn」と呼ばれるコンセプトのWeb3ゲームが注目を集めています。今回はその中でも、SNSを中心に話題になりユーザー数を増やしている「STEPN(ステップン)」...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる