メタバース「XANA」が仮想空間上でNFTアートアワードを開催

Web3メタバースプロジェクト「XANA(ザナ)」が、NFTアートアワード「XANALIA NFTART AWARDS 2021」を開催。上位入賞3作品を発表し、XANA上で授賞式を開催しました。

XANAはNOBORDER.zが開発する、NFTをベースとしたメタバースのプラットフォーム、およびブロックチェーンによるインフラストラクチャー。ユーザーや企業、IPがメタバース上で活動を自由に行えるようさまざまなプロダクトやサービス、テクノロジーを提供しています。先日、IDO(Web3型資金調達)プラットフォームであるDAOMaker(ダオメイカー)で歴代1位となる投資家総額を記録し、話題を集めたばかりです。

今回開催されたXANALIA NFTART AWARDS 2021は、コロナ禍で過去作品の発表や活動の場が限られていたクリエイターの才能を埋もれさせることなく、その活動と未来に夢や希望を与えると同時に、誰もが自由に、気軽にアートを楽しむ体験のきっかけづくりとして企画されたそう。

応応募総数1,248作品のうち、ノミネートされた479作品の中から、受賞作品を含む50作品がメタギャラリーに展示され、さらにその中から上位3作品を選出。授賞式はメタバースのXANA上で行われ、合計18,000ドル(記事執筆時のレートで約240万円)が上位3作品に対して贈られました。

XANAと連動しているNFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」では小学3年生のクリエイターYUYA氏によるGold Award(金賞)の作品「カワウ型飛行都市 Great cormorant flying city」が11,700ドル(記事執筆時のレートで約150万円)で落札されるなど、記念的なアワードではなく実際にオークションで収益が生まれているのも非常に面白いところです。

受賞作品を含む50作品を展示するメタギャラリーは、スマートフォンアプリXANAから入場可能。ギャラリー内は自由に閲覧できるだけでなく、他の来場者とのコミュニケーションもおこなえます。

XANALIA NFTART AWARDS 2021イベントページ
https://www.xanalia.com/xanalia_nftart_award_2021

あわせて読みたい
メタバース「XANA」がDAOMakerで歴代1位となる投資家総額に Web3メタバースプロジェクト「XANA(ザナ)」が、IDO(Web3型資金調達)プラットフォームであるDAOMaker(ダオメイカー)において資金調達を実施、総資金約86億円分の投...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる