小室哲哉ら参加。NFTマーケットプレイス「.mura」がローンチ

Studio ENTRとGincoによる楽曲作品販売に特化したNFTマーケットプレイスの「.mura(ドットミューラ)」がローンチされました。同マーケットプレイスでは小室哲哉、am8、ニルギリス、ザ50回転ズといった人気アーティストが出品しています。

目次

音楽とアートワークのセット。NFTマーケットプレイス「.mura」

.muraは、音楽家とクリエイターが、音楽ファンのためにNFT作品を販売できるNFTマーケットプレイスで、.muraで扱う作品は「音源」と「アートワーク(写真・イラストなど)」のセットでおこなれるのが特徴。

©️2021 Studio ENTRE .inc

同マーケットプレイスは、音源とアートワークからなる作品を最初に購入した方を「コモンズオーナー」と呼び、コモンズオーナーはミュージシャン・アーティストから公式サポーターとして認定され、購入した作品の拡散に貢献したり、音源の流通によって発生する収益の一部を得ることが可能となります。

今後は毎週金曜日に異なるNFT作品を公開し、オークション式で約2週間販売するとのことで、先日イベントにて生パフォーマンスされ収録された音楽プロデューサーの小室哲哉による「Roppongi #1」や、「artとmusicを無限大∞に」をコンセプトにした音楽ユニットプロジェクトのam8(エーエム・エイト)、ニルギリスやザ50回転ズの作品が販売予定としてリストアップされています。

あわせて読みたい
Coinbase、NFTマーケットプレイスを開設。早期受付を開始 世界最大級の暗号資産取引所を運営するアメリカのCoinbase(コインベース)は、NFTのマーケットプレイス「Coinbase NFT」を2021年内に開始すると発表。早期アクセス用順...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる