【世界最大級】コインベース日本上陸!パートナーに三菱UFJ

世界最大級の暗号資産取引所「コインベース(Coinbase)」が、8月19日に日本でローンチしました。

コインベースは2012年にアメリカ・サンフランシスコで創業、世界各国でサービス展開し、現在100カ国以上で暗号資産の購入、売却、管理を行うことができる暗号資産取引所を展開しています。2021年4月14日にナスダック市場に直接上場し、フィンテック業界を中心に今最も注目されている暗号資産取引所です。

日本ではまず、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラー(XLM)の5つの暗号資産の売買が可能になるとのことで、今後も取り扱い銘柄を増やしていく予定。

また日本での取引においては、三菱UFJ銀行をパートナーとして、同行の口座から、インターネットバンキングを通して入出金が可能になるとのこと。

コインベースは「今後は、トレーダーや機関投資家向けのサービスなどを展開し、ビジネスを拡大していく方針です。初級者だけではなく、上級者にもご利用いただける日本で最も安心安全な暗号資産取引所を目指します」とコメントをしています。

日本ではビットフライヤー、コインチェック、GMOコインなどが暗号資産の取引所として有名。今回のコインベースの日本ローンチががどう影響を与えるのかが注目です。

なお仮想通貨では、ビットコインがふたたび500万台を割り込みましたが現状はやや小康状態で、そのほかも連動して先週よりも低い値をつけながらも大きな動きはみられない状態です。

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる