【2022年保存版】ハワイの写真映えするお手軽グルメスポット10選!

観光地として日本人から長年愛されており、コロナが明けたら行きたい海外ランキング1位を獲得したハワイ。

一時はゴーストタウン化していたハワイですが、現在は観光産業も回復し以前より気軽に旅行ができるようになりました。

ハワイが大好きで何度も訪れている方はもちろん、これからハワイ旅行を検討されている方にも嬉しい話題ですよね!

そこで今回は、手頃な価格で写真映えはもちろん、何より本当に美味しいおすすめグルメスポットを紹介します。

目次

Leonard’s Bakery (レナーズベーカリー)

まずは定番、誰もが知っている『マラサダ』の人気店レナーズベーカリー。

日本でいう揚げパンや、穴のあいていないドーナツをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

揚げたてでふわっと軽い食感なので、あっという間に食べ終わってしまいます。

※画像は公式HPより引用

中にクリームが入っているものと入っていないものがありますが、おすすめはやはり一番人気のプレーンの『オリジナル』。初めて訪れる方には絶対に食べてほしい一品です。

クリーム入りのマラサダは$1.65、プレーンは$1.30とお手頃な価格です。

さらにお店もピンク×ブルーのポップなデザインで、ボックスもとても可愛くインスタ映え間違いなし。

さらに、店内にはTシャツやぬいぐるみをはじめとしたオリジナルグッズも販売しております。オリジナルキャラクターのマラサダベイビーは何とも言えない可愛さですよね!

Island Vintage Shave Ice 
(アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイス) 

※画像は公式HPより引用

ワイキキのメインストリート、カラカウア・アベニュー沿いに位置するシェイブアイスのお店。

なんと、皆さんおなじみのハワイアンカフェ『アイランドヴィンテージコーヒー』が出しているお店なんです。

6種類のシェイブアイス($7.95)と自分でカスタマイズができるシェイブアイス($5.95~)があります。

おすすめは、やはり一番人気の『ヘヴンリーリリコイ』。リリコイとはパッションフルーツのことで、甘酸っぱい自家製シロップと、サイドにはお餅とリリコイ味のプチプチとした食感のタピオカのようなものがトッピングされています。この組み合わせが抜群に美味しいです。

さらに、食材はオーガニックを使用しています。見た目も可愛く、美味しく、体にも良いなんて最高ですよね。

ロイヤルハワイアンセンターの目の前にあるので、買い物ついでに是非お立ち寄り下さい!

Henry’s Place (高橋果実店) 

新鮮なフルーツで作られたシャーベットが人気の、知る人ぞ知るお店『高橋果実店』です。

パイナップルやマンゴーなどのハワイらしいフルーツに加え、コナコーヒーなどのフレーバーもあり、種類が豊富なのでどれにしようか迷ってしまいますよね。

フルーツやサンドイッチなどの軽食も販売されていますが、やはり人気なのはシャーベットです。

一つ一つカップに入っており、カップの表面には手書きでシャーベットの種類が書かれています。とてもユニークですよね!

価格は一つ$5.50で、ボリュームも日本のドリンクのMサイズ以上はあるので満足感が高いです。

人工的な甘さはなく、新鮮なフルーツの自然の甘さのみなのでペロっと食べ終えてしまいます。

お店の前にイートインスペースがありますが、徒歩5分ほどのワイキキビーチに持って行ってゆっくり食べるのもいいですよね!

Poké Bar (ポケバー)

ワイキキビーチウォークの1階に位置しており、自分でカスタマイズ可能なお手頃価格のポケ丼専門店。

ポケはハワイ語で『魚を小さく切る』という意味で、基本的にポケの材料には、醤油ベースに付け込んだマグロ・サーモン・海老などが使われます。

サイズはスモール($14.95)とレギュラー($16.95)の2種類で、女性であればスモールでも十分にお腹が満たされます。

※画像は公式HPより引用

ベース(玄米、酢飯、サラダなど)・サイド(オニオン、キュウリ、コーン、ケールなど約12種類)・メイン(マグロ、サーモン、ホタテ、エビなど)の順に好きなものをお選び頂けます。

またサイドは選べる種類が無制限なので、いろんな種類の野菜をとることができるのも魅力的ですよね。

※画像は公式HPより引用

ドレッシングは全6種類ありますが、中でもハウスドレッシングまたはスパイシーマヨ、さらにごま油を追加するのもおすすめです。

口コミでも美味しいと評判の上に、コスパもいいので何度も足を運びたくなってしまいますよね!

Pioneer Saloon (パイオニア・サルーン)

オリオリハワイ主催の『プレートランチBEST10』 の第1位にも選ばれた超人気店パイオニア・サルーン。

何を食べてもおいしいと評判で、全て無添加でお肉からお魚まで約70種類以上と本当にメニューが豊富です。日替わりメニューもあるので、店員さんにおすすめを聞いてみるのもいいと思います!

ちなみにオーナーは日本人なので、日本人好みの味付けになっており、オーダーも日本語でOKなので安心ですね。

新鮮なマグロをミディアムレアで焼き、ガーリックで味付けした『ガーリックアヒステーキ』($19.0)や、もち粉を絡めて揚げた唐揚げのようなチキン『モチコチキンwithスパイシーマヨ』($11.0)が特に人気です。

ハワイに来たからにはこういった地元の方々からも人気のローカルフードを試してみるのもいいですよね!

さらに、ヴィンテージ風な店内はオーナー自らが手掛けており、手作り雑貨なども販売されています。食事以外も楽しめるというのも魅力的ですよね!

Diamond Head Market & Grill 
(ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル)

ワイキキからダイヤモンドヘッドへ向かう途中にあるお店『ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル』。

ダイヤモンドヘッドとはハワイの超人気観光スポット。初心者でも気軽に登山ができ、頂上からの景色はとても綺麗です!

店内には、プレートやサラダなどを販売している『マーケット』と、人気のスコーンやケーキなどを販売している『ベーカリー』があります。

中でも名物のスコーンは大人気で、早めに行かないと売り切れてしまうことも。

種類は『ブルーべリークリームチーズスコーン』、『バナナクリームチーズスコーン』、『日替わりスコーン』の3種類で、価格は$4.50です。

初めての方はやはり定番の『ブルーべリークリームチーズスコーン』がおすすめ。

『マーケット』では特にみそジンジャー・サーモンプレート($12.50)や、ハンバーグ・ポーク・チキンの3種類が入ってるミックスプレート($12.00)が人気です。(写真はミックスプレート)

ダイヤモンドヘッドへ向かう際や、登山後のワイキキへ戻る際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

Yogur Story (ヨーグル・ストーリー)

インスタ映え間違いなしのウベパンケーキが有名なお店『ヨーグル・ストーリー』。

ウベとはハワイで栽培されているヤムイモのことです。野菜でありながら、数多くのスイーツに使用されておりハワイでは馴染み深く、この紫色は着色料ではなく自然に出ている色となっています。

見た目はインパクト大ですが、甘くて優しいお味で何よりも生地がもちもちでとっても美味しいです!

ずっしりとボリュームがあり腹持ちもいいですよ。

この他にも写真映えするような色とりどりのスイーツがあるのも見どころですね。

また、スイーツだけでなくロコモコやオムレツなどのメインフードも充実しているので、どちらも頼んでシェアするのがおすすめです!

Musubi Cafe Iyasume  (いやす夢(め))

※画像は公式HPより引用

ハワイアン料理を食べつくし、そろそろ日本食が恋しくなってきませんか?

そんな時はスパムおむすびが有名で、おにぎりの種類も豊富な『IYASUME』。

和風のものから洋風のものまで揃っており、数種類のお弁当も販売しております。

お味噌汁・豚汁などの汁物や、から揚げ・卵焼きなどのサイドメニューもあります。

※画像は公式HPより引用

さらに、こんなに可愛いオリジナルグッズも販売しております。こちらは公式ホームページからも購入可能です。

最近は新しくワイキキビーチウォークにもお店ができ、ワイキキ周辺では3店舗目になりました。

日本食が恋しくなった際には是非チェックしてみて下さい!

Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)

アメリカのオーガニックスーパーといえばホールフーズマーケット。

食料品はもちろんですが、日用品から美容用品まで幅広く扱っているスーパーマーケットです。

中でも、現地の方々から人気の『デリコーナー』。ピザなどのジャンクフードからサラダなどのヘルシーフードまであり、とても充実しております。

サラダバーではサラダの他にもお肉やお魚などのメインディッシュもあり、種類も豊富で体に良いものばかりなのは魅了的ですよね!

量り売りなので自分が入れた量に応じて値段は異なりますが、大体いつも$12.00前後です。

さらに、ハワイ限定のホールフーズのオリジナルエコバックなどのグッズも充実しています。デザインがとっても可愛い上に生地もしっかりしているので、普段使いにもバッチリですね。

日本のスーパーマーケットとは全く異なるアメリカのスーパーマーケットを巡るのは旅行の楽しみですよね!

Royal Hawaiian Bakery (ロイヤル ハワイアン ベーカリー)

※画像は公式HPより引用

ピンクをモチーフとしたお城のような外観で有名なホテル「ザ・ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾート」の中にあるこちらのベーカリーショップ。

コロナで一時閉店していましたが、2021年11月頃から無事に営業再開致しました。

※画像は公式HPより引用

特に人気なのがバナナブレッドで、早めに行かないと売り切れてしまうことも。
他にもピンク色のケーキやクロワッサンなどインスタ映え間違いなしの商品が販売されております。

さらに、マグカップなどのロイヤルハワイアンのオリジナルグッズも販売されており、ピンク好きにはたまらない可愛さですよね!

※画像は公式HPより引用

ベーカリーから出てすぐの出入口からはこんなに素敵な景色が広がっています。是非ベーカリーに訪れる際はチェックしてみて下さい!

まとめ

『ハワイの写真映えするお手軽グルメスポット10選』いかがでしたでしょうか。

今回は、お手頃な価格・写真映え・美味しいお店という3つのテーマでお届けしました。

有名どころから穴場のグルメスポットそして、観光スポットも兼ねているところもご紹介しているので、ハワイ初心者の方には是非チェックして頂きたいです。

また、グルメスポットがたくさんありすぎてどこが良いのかわからないという方も是非参考にしてみて下さい!

投稿者プロフィール

sachan
sachan
海外旅行・美容・グルメ・ワイン・K-POP・洋楽・映画が大好き。
女の子の好きが詰まったコンテンツを発信していきます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる