ユービーアイソフト、NFTプラットフォームをローンチへ

ゲーム会社のユービーアイソフト(Ubisoft)は、NFTプラットフォーム「Ubisoft Quartz」のローンチを発表しました。

ユービーアイソフトはフランスに本社を置くコンピュータゲームの開発・販売会社。1986年に創業後、世界中に事業展開し、1994年には日本法人も設立。社名の由来は「Ubiquity」という単語からとったもので、創業者の一人であるジェラールが世界中どこにでも在りたいという想いから考案したのだそうです。

今回ローンチされるNFTプラットフォームはベータ版で、Windows PC版の「ゴーストリコン ブレイクポイント」というゲームで利用できるようになります。トリプルエー(AAA)級のゲームではNFTプラットフォームは初となります。「Digit」と呼ばれるNFTはゲーム内アイテムで売買可能で、環境への影響を配慮し、暗号資産(仮想通貨)テゾス(XTZ)のブロックチェーンを活用するとのこと。

各Digitにはシリアルナンバーを表示させることも可能で、履歴をさかのぼって所有者を追跡することが可能となります。また、ゲーム内の収集品としても使え、プレイヤーはゲーム内でオリジナリティを示すことができます。

「Ubisoft Quartz」ベータ版は、まずはフランスやアメリカをはじめ9カ国でローンチ予定で、日本は含まれていません。早期プレイヤーには無料のDigitも付与させる計画だとのこと。また、NFTの取引は「Rarible」と「Objkt.com」のプラットフォームを介して行われる予定だそうです。

あわせて読みたい
スクウェア・エニックス、NFTゲーム事業への本格参入を検討 スクウェア・エニックスは、2022年3月期第2四半期の決算説明で、ブロックチェーンゲームへの本格参入を検討していることをあきらかにしました。 同社はNFTと同社のもつ...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる