3億円以上で落札された「世界初のツイート」NFT価値が激減

2021年3月、Twitterの共同創業者であるジャック・ドーシー氏が2006年に投稿した世界初のツイートがNFTとして出品され、291万5,835ドル(当時のレートで約3億1,100万円)で落札され、2022年4月、落札者が再びオークションにかけたものの、最高入札額がわずか29,877ドル(記事執筆時のレートで約380万円)にとどまっていることがわかりました。

2021年3月、ジャック・ドーシー氏による世界初のツイートがNFTとしてオークションにかけられ、イランの仮想通貨関連の起業家であるシーナ・エスタビ(Sina Estavi)氏が291万5,833ドルで落札すると、大きな話題を呼びました。

シーナ・エスタビ氏は2022年4月、「世界初のツイートNFTをオークションに出品し、収益の50%を慈善団体のGiveDirectlyに寄付する」とツイート。同氏はNFTが5,000万ドル(記事執筆時のレートで約62億円)以上で落札されると見込んでいたそうです。

ところが、NFTマーケットプレイスのOpenSeaに世界初のツイートNFTを4,800万ドルで出品するも、最高入札額はわずか29,877ドル(記事執筆時のレートで約380万円)と、5,000万ドルには遠く及ばない結果になりました。同氏は「もしいいオファーが来たら、私はそれを受け入れるかもしれませんし、決して売らないかもしれません」と述べ、売約を断念する可能性を示唆しています。

ジャック・ドーシー氏は2021年3月に落札された世界初のツイートNFTの売上を、全額慈善団体のGiveDirectlyに寄付。そのため、同氏はシーナ・エスタビ氏に対し、「なぜ99%にしないんですか?」とリプライをしています。

シーナ・エスタビ氏は、世界初のツイートNFTを購入した後の2021年5月に詐欺容疑で逮捕されており、所有していた仮想通貨取引所のCryptoLandが閉鎖。また、同氏が展開しているBridge Oracleトークンは、TronブロックチェーンからBinanceスマートチェーンへとリニューアルされ、トークンの移行が発表されています。

あわせて読みたい
高額予想がまさかの…人気NFT「クリプトパンク」104点オークションが中止に オークションハウス大手のサザビーズ(Sotheby's)で行われる予定だった、人気NFTコレクション「クリプトパンク(CryptoPunks)」104点のオークション販売が中止になっ...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる